スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シグルイ

シグルイ 14

シグルイ 原作 南條範夫  作画 山口貴由  全15巻

虎眼流を嘲笑うことなど不可能であった

shigurui.png

 


「武士道は死狂ひなり」

隻腕の剣士と全盲の剣士

7年に渡った因縁、その決着。


駿河城御前試合 無明逆流れ



個人的感想

過激描写がとても多いです。

そういった描写が苦手な方にはあまり勧められない作品です。

内臓などはカラー絵だと身悶えせんばかりにぷりぷり。

切られた腕を「詰める」シーンは幼少期に見たらトラウマもの。

殴った相手の歯が手にビシビシと刺さっている絵が僕は苦手です。


しかしながら序盤から中盤の面白さは他の時代劇、剣術モノを寄せ付けないほど。

内容のほとんどは過去の回想であり、一度目の二人の対決は実に胸が踊ります。

さらに二人の兄弟子、師範代の牛股権左衛門、彼が凄まじい。


巨大な木剣「かじき」を振り回し、虎眼流に全てを捧げた男。

シグルイ 9 (チャンピオンREDコミックス)




彼は自身に「素手での去勢」を行なっているのですが、医療もロクに発達していないこの時代によくやるもんだと感心します。


一歩間違えれば、というか設定自体はトンデモ剣術漫画。

しかし、画力、展開、語りがそれを正当化。


迫力ある漫画の前に置いては常識など不要という事でしょう。

半端無いイカレっぷりは時として笑いを誘うこともあるでしょう。



終盤は若干失速します。

ガマの話とか主要人物以外の話が多いんですよね。


駿河城御前試合で全く報われなかった主人公、藤木。

その後どうなったのか調べたのですがやはり彼は報われなかったです、調べて後悔…



好きなシーン

伊良子仕置き


虎眼流の開祖、岩本虎眼と弟子によって伊良子は制裁を受けます。

出る杭と言うべき伊良子が満身創痍になる場面は妙な興奮を覚えるほど。

岩本虎眼という人物の暴虐、虎眼流の狂気を思う存分に堪能できます。



それにしても、最終巻…



シグルイ 15 (チャンピオンREDコミックス)


強烈なホモ臭

僕はレジで女性店員に渡すのに若干の勇気を要しました。


作中でこの二人にそういった事実は無いのですが、なんとなくこの表紙には納得させられます





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。