スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い太陽

黒い太陽(1) (マンサンコミックス)


黒い太陽 原作 新堂冬樹 作画 笠原倫 全5巻


オレは、なぜ…此処にいる?


新宿のキャバクラ、ミントキャンディで黒服として働く新人、立花篤。

父親の入院、多額の借金。


金のために夜の世界へ足を踏み入れる立花。


年商300億円を超える藤堂観光の総帥、藤堂猛との出会いにより彼は目指すことになる。


裏切り、策略、魑魅魍魎の上にそびえる「黒い太陽」を。



個人的感想

一口に「キャバクラ漫画」とくくれない作品、それがこの作品、「黒い太陽」

深夜ドラマもやっていたのでそこそこの知名度はあるのではないかと思います。


主人公である立花篤を中心に物語は展開していくのですが、キャスト(嬢)の動き一つで風向きは変わり、一時の栄光と挫折を繰り返して成長していいきます。


「風俗王、藤堂に逆らっては生きていけない」


一度は慕った藤堂に対抗心を燃やす彼はかつての純真さを捨て、「虚しさすら心地いい」と言い放つまでに変貌。


王の孤独を手に入れる為に様々な感情を捨て、利益を追う。


女を商品として扱う橘の行き着く先は如何に。


時に二転、三転する立花の選択、「マジかよ…!」ってなるところも多いです。



好きなシーン

フェニックス開店

割と序盤ではあるんですが


役者は揃った…感がなかなか。


後半では本当に泥沼化するので中々に欝な気分に…



作中では立花VS藤堂のこの戦いを「戦争」として扱うことが多いですが、この表現を陳腐にしていないのがキャスト達の存在感。

キャスト1人で風向きの変わるこの戦い。


序盤では圧倒的存在感を見せた千鶴さん、後半では全く違った印象。

急成長した恵美(卑弥呼)、「場」を支配する梨花。


そして東京1のキャスト、冬美。


笑子の最終的な在籍先にも驚きます。


奈緒は解説役が多かった気が…。




最後に強さランクを付けてみます、どうでしょうか?





[S]冬美

[A]梨花 千鶴

[B]恵美(卑弥呼)

[C]笑子 奈緒(過去の経歴も含む)

[D]百合香、リノ、ゆりあ









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。


 
関連記事

テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。