銃声とダイヤモンド


銃声とダイヤモンド


銃声とダイヤモンド

PSP 交渉アドベンチャーノベル  ソニー・コンピュータエンタテインメント




舞台は近未来、東京


警視庁交渉準備室、通称「ゼロ課」


立てこもり事件や誘拐事件などの凶悪犯罪に対抗するために設立。


現場に立つ交渉人の使命は、一滴の地も流さず事件を解決すること。



俺は全員助けたい、人質も犯人も



8tnu01000000sgwp.jpg





登場人物




鬼塚陽一 ゼロ課 専属交渉人

かつては警視庁捜査第一課に所属。ニューヨーク市警で交渉術を学んだ後に退官し、フリーの交渉人となる


神崎ひろみ ゼロ課 交渉人助手 

元・組織犯罪対策部(通称:マル暴)のキャリア。頑固な性格で鬼塚とはよく衝突するが、彼の力量は認めている


中村啓介 ゼロ課 専属プロファイラー

ゼロ課に所属するフリーのプロファイラー。FBIと仕事をしていたこともあり、膨大なデータから情報を分析する


片桐勇作 ゼロ課 指揮官

テロ対策部隊SATなどで活躍し、ゼロ課の指揮官として抜擢された。的確な判断力と温厚な性格から部下の信頼も厚い


高梨春 ゼロ課 連絡係

捜査第一課刑事部から異動。車の運転や通信機器に関して高度な技術を持っており、アシスタントとしてゼロ課を支える


グレン・サトウ元ニューヨーク市警(NYPD)交渉人

元・ニューヨーク市警の交渉人。鬼塚に交渉術を教えた人物。ある事件をきっかけに退職し、日本で隠居生活を送っている







個人的感想

結構な数のアドベンチャーゲーム、ノベルゲームをプレイしていますがこのゲームが僕の中では間違いなく1番です。

ボイスもなければアニメーションも無し。


最近のADVと言えば可愛らしい、格好良い登場人物がいるのが当たり前で、僕自身そういった作品が好きです。


でもそういった作品はある意味「キャラクターアドベンチャー」。

殆どギャルゲと言って過言でない物も多いです。



そもそもがADV業界は開けているとは言えないジャンル、たくさんの層を抱えないとセールスが望めないのも事実。



「交渉」という新しい分野を取り入れ、ノベルとしての、ADVとしての面白さが味わえる。


それがこの「銃声とダイヤモンド」


銃声とダイヤモンド





たくさんのレビューで挙げられている通り、音楽、効果音が実に良い出来。


交渉中にはこれらが緊迫感を演出し、このゲームでしか味わえない演出をします。




「待て!」 「待て!」 「待て!」




という感じにフォントの大きさを変えての演出も多いです。

劣勢時の感情ゲージに一喜一憂。

慣れてくるとわざと怒らせたりするのも楽しいです。



交渉の際には数々の曲が流れますが、特に「ジャッジメント」という曲。





この曲が流れると肩に力が入ります。




選択肢、無言、電話を切る、ブラフ。

多くの言動と行動で事件を解決に導く。


現代のニーズに逆行した「銃声とダイヤモンド」


ノベルゲーム本来の面白さが味わえる名作です。


体験版があるのですがやらない事を推奨します。

むしろクリアした後にプレイするのが良いのではないかと。






プレイ動画を見たほうが雰囲気が伝わると思います




好きなシーン


EP3 / 帰りのない旅




自信はある

首謀者は君だ










ここが一番苦戦を強いられました。

クリアできずに朝までゲームをプレイしたのは中学生ぶり位か…。

危うくPSPをぶっ壊しそうに。



チキショウ、小原の野郎…!
プレイ済みの方のみ反転どうぞ



バスジャック事件なんですが二転三点する臨場感溢れるシーンの連続。

更には主人公である鬼塚のライバル的?キャラの登場。





人によって苦戦する箇所はかなり違うようですが、僕はここでした。

何度も失敗していて苦手意識がある為か今プレイしてもよく敗北します。


実に思い入れのある章です。


でも実はここでのボスは結構好きです。


続編は強く望んでいます、SCEさん、まじ頼んますよ…。




冷え込んできました、今日の天気を知っていますか?

天気予報は大事です


夜は雨になる

傘が無ければぬれますよ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

秋田書店



秋田書店が漫画雑誌の読者プレゼントで景品数を水増し掲載していた問題で、社内で不正をやめるよう訴えた景品
担当の女性社員(28)が「プレゼントを窃取した」などとして景品数を水増しされていたことが20日分かった。

女性側は「罪をなすりつけられた」と主張。「組織的不正」として景品表示法違反(有利誤認)で秋田書店に措置命令を出した消費者庁の調査で主張が裏付けられた形となり、解雇撤回を求めて提訴する考えだ。


女性の説明や加盟する労働組合「首都圏青年ユニオン」などによると、女性は不正のあった雑誌でプレゼント担当を4年以上務めていた。

担当になった際の引き継ぎで不正を知り「一つの商品しかないのに、当選人数を10人にするのはおかしい」などと上司に訴えたが、「会社にいたかったら文句を言わずに黙って仕事をしろ」と言われたという。

女性は不正を続けているうちに睡眠障害や適応障害を発症、2011年9月から休職していたが、12年2月29日に「多数の読者にプレゼントを発送せず、不法に窃取した」と書かれた解雇通知書が送られてきた。

女性やユニオンは仕事を理由とした病気の発症で休職中に解雇するのは無効と主張。窃取と指摘された点について「会社の指示で当選者の数に満たないプレゼントしか準備されていなかった」としている。

ユニオンの神部紅事務局次長は「不正を強制しながら、罪をなすりつけて懲戒解雇したのは許せない」と話す。
女性は「不正をやめるべきだと何度も訴えた。

消費者庁に不正を指摘され、会社も認めたのだから、解雇を撤回して謝罪すべきだ」と訴えている。

秋田書店は「解雇と不正は別問題だと考えるため、コメントは差し控える」と話している。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000059-mai-soci





佐渡川準先生の自殺に次いでのタイミングでこの内部告発。




大ヒット漫画家が暴露
http://2r.ldblog.jp/archives/3869388.html





この話は2年以上前のことですが、これを見る限り佐渡川先生は有意義に仕事をしていたと思えません。



事の真相が明らかでは無いのでなんとも言えないところですが、「こすい」と言うよりも「あきれた」という感じです。


そもそもプレゼントを目的として常習的に雑誌を買う人がいるとは思えません。

サインやイラストであれば変わってくるかもしれませんが。



楽しく漫画を読めるのは出版社や編集者さんの力というのは大きいと思います。


でも必要以上に追い詰めるのは全く同意できません。







「ゲームハード」のプレゼントなんかを良く見かけますが「複製原画」とかもっと増えると個人的には嬉しいです。

今でも覚えているのですが、廃刊になった「ギャグ王」という漫画雑誌。

テレカのプレゼントが初めて当たった時、紙面に自分の名前、県名が掲載された際の衝撃は未だに忘れられません。

当時はすべての当選者が紙面で発表されてました。


学校で自慢し、1週間くらいヒーロー気分に。


「うめぼしの謎」

すげぇ好きな漫画でした。



うめぼしの謎テレホンカード

転校する親友に友情の証にプレゼントしました。


山本君、今でも大事にしてくれてると嬉しいなぁ…。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




テーマ : その他    ジャンル : その他

嘘喰い 30巻

嘘喰い 30 (ヤングジャンプコミックス)


「弐っ」



実に内容のある巻でした。



簡素なネタバレを…








獏とハル、その縁。

二人の過去と現在。


「お前とは、こうなる運命じゃないかと」



「屋形越え」の権利を巡り、アイデアルを統べるビンセント・ラロとの「卍(ばん)内決戦」に挑む。



俺と関わり…その人生を大きく狂わされたと言っていい にもかかわらず、彼の心は決して折れることは無かった


伝えて欲しい 


「彼が望むなら、協力して欲しいと」


決戦の地に向かう梶とマルコ、門倉弐號立会人。


その後方ではキョンホ ジョンリョと伽羅。



「はちのおうじさま」


新たな力をつけたともだちと王子の結末や如何に。





30というなんとなくキリのいい巻、最終章って感じがヒシヒシと伝わります。


生死不明だった人物も含め味方、敵共に総力戦に。


この「卍決戦」、4名までの協力者が許されています。



獏陣営は



マルコ

鉢名直器(切間創一)




ここまで決まっているという事は…


あと一人は…





勿論……!!





死の商人カールベルモンド







は無いね、伽羅でしょうね。



30巻ではめでたく you はshock の境地に到達した彼




キョンホ ジョンリョがいて彼が居ないのはありえん。


まぁカールの事だ、ちゃっかり参戦するでしょう。

かつて恐れたアイデアルを完全克服して乗っ取ったりして欲しいと願います。







門倉さんや伽羅が出たりと中々に内容のある巻だったと思います。

門倉さんは外見がかなり変わっています。




個人的には以前のほうが好きでした。

ヤンキー的でありながら何処か気品のある感じがよかったのになぁ…。




31巻は2013年 11月19日発売。


早く孤島での決戦が見たいものです。


巻末に荒木飛呂彦先生描き下ろしの「獏」がメッセージと共に描かれています。

どこか「吉良吉影」を彷彿させる良いイラストだと思います。




この機会にジョジョファンの方も嘘喰いの世界に「入門」してみてはいかがでしょうか。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

GANTZ  ガンツ 37巻

GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス)


こンなとこで……死に…たかッた……

もう…悔いは…ね…




最終巻、最終回。

その幕に数多くの酷評飛び交うガンツ。



アメリカチームが破れ、玄野とイヴァの一騎打ち。



ネットのあらすじを参照すると



“黒野が巨人の頭に特攻

頭ぶち抜かれて巨人死亡

ガンツUFOで爆発する宇宙船から脱出

地球に帰還

「ありがとおおおお」「黒野ありがとおおおおお」 加藤は弟と、黒野はたえちゃんと抱き合っておしまい





とまあ、こんな感じです。


個人的にはハードルが下がっていた事もあり、言うほどにがっかりしたという感想は無いです。


むしろ日本チーム対イヴァの戦いは胸が熱く、特に前嶋さんは最高でした。


20巻で和泉君の言っていた


「日本人の優秀さを、トップであることを見せたい」


これも証明されたと思います。


GANTZ 32 (ヤングジャンプコミックス)

結果的に死んだ者たちは全員再生された様ですが

関根さん…。









なればこそ…



無題fcrfc

風 大左衛門


君にはガッカリだ…


好きなキャラの一人でしたが仲間が戦う中でメアリーと帰ったのはマズイだろ…。


タケシを大切に思う気持ちもわかりますがその後に命を賭して戦った仲間に合わす顔は無いと思います。

あれだけ臆病で弱いメガネ君、おっさん。

彼らは最期まで諦めなかった。


風の背に、タケシは何を想うのか。




サクっと終わったガンツ13年の集大成。


確かにあっけないです。


「もっと読みたかった」「もっと納得出来る大団円」


こんな風にも思います。


コミックスに加筆を期待しましたが「ザンボット3」についてのあとがきがあるだけ。

付属のポスターはヤンジャンの使い回し。



これでは酷評も致し方ないと思うのが本音です。



でもそれは裏を返せばこの作品がそれだけ支持をされている証拠だとも思います。

僕はガンツを13年間楽しく読めました。



連載、お疲れさまでした奥先生。


GANTZ plus


そんな続編がいつか連載される事を願っております。


8b2b4a09-s.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ゴルゴ13

ゴルゴ13 (100) (SPコミックス)


ゴルゴ13  さいとうたかを  169巻まで発刊 連載中



あの男に連絡だ!



超一流スナイパー デューク・東郷


身長182cm、体重80kg 性別 男

生年月日、年齢、国籍、経歴、すべて不明。


様々な出生に対しての諸説が存在するが真偽は謎。


拳銃やナイフだけでなく格闘技にも精通。


「ゴルゴダの丘、13番目の使徒」



人は彼を「ゴルゴ13」と呼ぶ。





「俺の背後に立つな…」



個人的感想

1968年から連載が始まり、45年以上連載し、愛される漫画もそうそうない事でしょう。


父親が愛読していたので常に自宅にあったのですが、幼少期は読んでいませんでした。

読み始めたのは高校生ぐらいからですが、まんまとハマりました。


途中からは父に代わり僕が単行本を買い集めていたのですが、このゴルゴのコミックスには重大な欠陥が存在。


本が取れてしまうこと


紙質が厚紙のような単行本は何故か中身がスポッと抜けるのです…。


父から受け継いだゴルゴは中身が無い為に分からない話が多数。


「バイオニックソルジャー」なんかは一巻まるまると使っているのでなんでライリーが殺られたのか全くわからなかったりと。


こんなギルティな事態にもめげず購入してはスポッと抜ける…。

ブック○フなんかでは劣化により100円コーナーで必ず数冊見かけます。


この悲しみの連鎖から逃れるため、最近では安心の安い紙質「コンビニコミック」版を買うことにしてます。

100巻以降はだいぶ軽減されていますが、それ以前は本当によく抜けます。


中古購入する際には中身の確認をぜひ。



俺は・・・・・・この目で見たことしか、信用した事がない。





初期のゴルゴは感情豊かで「ニヤリ」としたり、「領収書はいるかね?」とギャグを飛ばしたり。

スナイパーというわりには白兵戦が多かったり。

何故か鳩が活躍する事が多かったり。


途中からでも楽しめますが1巻から読むことを推薦します。



俺に敵対する者・・・・・・裏切る者は俺の手でカタをつける! それが俺のルールだ







好きなシーン

ゴルゴ13(27)

芹沢家殺人事件



ゴルゴのルーツでは僕が最も有力視しています。


いわゆる忍者の末裔、暗殺一族芹沢家。

暗殺任務を失敗した母親を始末する一族。

それを目撃した息子「芹沢五郎」

8歳の五郎以外、この場にいた者は全て殺害されている。


現在では五郎と姉のひろ子、使用人老婆を残すのみ。


ホテルでの落ち合った五郎とひろ子。

ひろ子はそのホテルの一室から失踪し、五郎は「ひろ子は来なかった」と言い残す。


使用人の老婆はこの後暗殺され、五郎はパリに。




安井修記郎という人物はこの事件に人生の殆どを費やす。

彼は最後にゴルゴ13にスナイプを依頼する。



芹沢五郎という普通な名前に不吉さすら感じるこの話、謎は多く残るのですが惹きつけられる話です。

おれには・・・・・・・・・昔ばなしをする趣味はない





どうでも良いことですが、以前静岡県で「噛み付き猿」が話題になりました。

その後、市の動物園に投獄され、猿の名前募集がされていました。


「密林の悪魔」ラッサ熱にその姿を重ねた僕はそのサルの名前を


さるの名前 ラッサ

応募者の氏名 芹沢五郎




と記入して応募しました。


結果…



「ラッキー」と名付けた小学生に軍配が上がりました。

惜しい…


その小学生の弁が


「殺される筈が動物園に拾われたから幸運」


う~ん狂気!



その後、サルは動物園脱走にも成功。

むしろ猿自体が「ゴルゴ」でした。


侵入が困難な守りの固い所ほど・・・・・・・・・脱出への備えは甘いものだ。


無題ded






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

みなみけ 11巻

みなみけ(11) (ヤングマガジンコミックス)


秘密の小部屋で妖精とダンスしてくる


巷は夏真っ盛り。

仕事をしていると学生時代ほどには遊んだり出来ない現実。


そんなあなたにみなみけ11巻。

夏てんこ盛りな内容となっております。



海にカブトムシ、おでんにバームクーヘン。

後半は秋になっているものの存分に夏を感じられる仕様です。



最近のみなみけは絵に丸みのある感じでしたがここに来て若干昔寄りに。


僕は現在の絵柄の方が好きです。



11巻の見所に。



内田ユカ







海にて水着



南家にてキャミ



安定の内田。


ねんどろいどとか出て欲しいものです。



さらに






登場人物紹介からリストラされ、空気になった彼。

シュウイチことプレーンヨーグルトが登場。


転校したと思っていました。





彼女たちが海に行ったのはもう何度目でしょうか。


サザエさん時空か…


力を抜いて読めるのがみなみけのいいところですよね。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ふぐまん

ふぐマン 1 (ジャンプコミックスデラックス)


ふぐまん 徳弘正也 全6巻 


「私は女性と話ができない」

38歳、独身生活を送る大学の研究室に勤める工学博士、竹田虎之助。

生物学博士である同僚の提案で遺伝子組換えの実験体に。


「性格がかわるんだろ?」


躊躇していた虎之助は「虎」DNAサンプルを選択する。


「ふぐまん」の誕生である。



個人的感想

表紙からも伝わるレトロ感、徳弘先生原点回帰作品。


しかしこの作品は打ち切りによって終了しています。

結果、先生は集英社を後にし、現在は小学館で「亭主元気で犬がいい 」を連載中。



ギャグ、下ネタ、科学。

この辺りが話の中心になるのですが、僕は普通に好きです。


登場人物に嫌な感じもなく、主人公の人柄にも好感が持てます。


ただ、ネタとしては新鮮さが欠けるというのも事実。


ターちゃん、狂四郎ではこれに近いもの、もしくはそれ以上の物語が読める訳で…





かといって「ナパのばか」以上のギャグがあるわけでもなく…


でも打ち切りって大御所漫画家でもけっこう喰らってますよね。


また徳弘正也先生には集英社で何か書いて貰いたいのも正直なところです。


下ネタ無しのガチな格闘漫画とか読んでみたいです。



好きなシーン

木村博士の温泉旅行


別れた嫁さんと娘の話です。


温泉雑誌の半詐欺野郎どもを科学的に論破、返り討ちにします。

結果的に元嫁は再婚を取りやめ、娘は父を見直すというわけです。


全然普通なこの内容、ターちゃんに近い何かを感じます。


木村博士は容姿は全く違うのですが「アナベベ」的な良さがあるいい奴ですよね。





スペースデブリ(宇宙ゴミ、地球軌道を周回するあらゆる人工物体)

これについても触れているのも流石。


マイナスイオンの科学的論破も爽快。



こういった自然環境、社会問題への問いかけは徳弘先生は昔から作品を通じて訴えています。

そのブレない思想が凄いなぁとしみじみ思います。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。




テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

GANTZ ガンツ

GANTZ 1~最新巻(ヤングジャンプコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]


GANTZ 奥浩哉 全37巻



結局俺が、100ゲットか…





死んだはずの人々が集められていた部屋。

その部屋の中央にある謎の大きな黒い球。

「ガンツ」と呼ばれる球に、星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと転送されていく。

謎の物体「ガンツ」に集められた死んだはずの人々は理由もわからないまま、その素質の有無に関わらず、謎の星人と戦わなくてはいけない。


集められた者たちは「ガンツ」の世界に触れていく。



個人的感想

13年の連載、2013年8月19日の37巻で完結。

この作品は間違いなく名作。



僕は本来マンガにあまり画力は求めないタイプです。

内容あってのものだと思うので。




でもやはり画力は大切


それを痛感しました。



GANTZ 36 (ヤングジャンプコミックス)

全国から集結した精鋭チーム、マジ格好良い。



キャラクター作りも非常に上手く、画力と相まってとても感情移入させられます。

これだけの数のキャラが登場していながら描き分けがきっちり出来ているのはやはり絵の上手さ。

感情の表現も画力が無かったら陳腐なものになるでしょう。

バトルの描写も迫力が有り、CGの使い方も斬新。

エログロ描ける人はバイオレンスも上手いというマンガの法則。




主要キャラ(東京チーム)に関しては玄野計とその仲間達というよりはたくさんの主人公の中の一人が玄野、という感覚。

加藤勝、風大左衛門、桜井弘斗、西丈一郎、下平玲花も十分に主人公を張れるキャラであると思うのです。



長い連載でありながら途中ダレた展開は少なく、明かされる謎と矢継ぎに訪れる急展開。


未読の方に是非オススメしたい作品です。




好きなシーン

カタストロフィ


これ以前の話、ゲーム形式の様な形で繰り広げられる戦いですらあれだけ衝撃的だったのに。

それを凌駕する内容です。


「悲劇的結末」


玄野とタエちゃんに気が気ではないです。


ここでの圭ちゃんがまぁ英雄過ぎる。

折れないその心もですがべらぼーに強い。




侵略される地球、未知の生物。

どうなるかが全く分からないものというのは恐しいモンです。

何をモデルにこのような設定を思いつくのか…、凄い人だ奥浩哉。


戦局が変わる毎に上記で挙げた「東京チーム」面々の物語も結末を迎えます。


僕は坂田師匠が好きなので桜井弘斗の戦いにはグっとくるものがありました。


「俺が死んでも生き返らせないで欲しいね」

師匠が大阪で言ったセリフ。


死んだ桜井を迷いなく再生し、ぬらりひょんに襲撃された際にはその身と引き換えに仲間を逃した彼。

桜井に対してだけでなく、坂田師匠は誰よりも仲間想いだったのかもしれません。


自分を生き返らせるよりも仲間が一人でも多く自由になる事を望んで。

GANTZ 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

師匠…

イナバ居ねえ…






玄野とイヴァ グーンドの決闘。

13年間の幕引きが今から楽しみです。


最終回の評価があまり良くないのが気がかりですが…

きっと加筆がある…!




「オレは諦めない!」



にしても36巻でのアメリカチームの頼もしさは異常





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

RiN 2巻

RiN(2) (KCデラックス)


読者って常識がみたくて漫画を読むワケじゃない

非常識でも本人が信じてるならそれが真実




1巻では主人公、伏見くんに焦点を合わせた話が主でしたが2巻では滝くんにスポットをあてた内容になっています。




沢村叡智賞の二次会では本多明日菜の推薦図書「シャルルと君とヘンリーと」の作者、西垣津華子先生と初顔合わせ。

後日、本多明日菜の為にサインをちゃっかりと貰う。



春休み

彼の元にトーラスから電話


「滝くん手伝って欲しいんだ」


読み切りを執筆中の天才、滝カイトのアシスタント。

自分の沢村賞締切を諦めて伏見は横浜へ。



劣等感、親近感。


二人の新人漫画家はTORUSを追う。

白ウサギの後を追って





正直、僕は思うのです。

最近「マンガ」を題材にした漫画が多いと。


この作品を見つけた際にもあまり期待はしていませんでした。




しかし、面白いです



「BECK」があれだけの出来だったのでやはりどこかで失速していくのが普通なことだと思いますがこの作品で更に進化している様にも思います。

キャラクター、特に女の子は当然ながら、背景色や効果線。

それでいて読みやすく展開する物語。


凛によって導かれる2人、今後どう展開していくのかが実に楽しみです。




1巻でライバルっぽかった「堀くん」


いい感じにフェードアウトされてました…(出番無し)


彼の応募した真田幸村チックな作品は入賞したのか。



彼の立ち位置は「BECK」でいう「兵藤」ですね。


そうなると本多明日菜は泉ちゃん。


ここらへんも気になるところです。



3巻は9月17日(火)発売

発刊ペースが早いのが良いですね。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








 
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

08 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login