NARUTO ナルト 63巻

NARUTO―ナルト― 63 (ジャンプコミックス)
NARUTO―ナルト― 63 (ジャンプコミックス)


買ってきました。

一時期は中だるみしていたイメージがありましたが面白いですね。



僕はカカシ先生が好きなんでこの流れは楽しめます。

寧ろナルトが脇役かのような...


キラービー...


大きな伏線はかなり回収した感じはありますが、カカシとリンについてはまだ謎ですね。


オビト自体がマダラに利用されている雰囲気ではありますが。





回想の多い今巻ですが、現在と昔の対比絵。

良いものだと思います。


中でも驚いたのが


モリノイビキ




彼がなかなかのイケメンっぷり。





にしてももはや忘れ去られているサスケェ....


今後どういう風に展開するのか...


マダラのあとじゃインパクトに欠けそうですよね。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。




テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

HUNTER×HUNTER 32巻

HUNTER×HUNTER 32 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER 32 (ジャンプコミックス)


表紙を見て思ったのが


HUNTER×HUNTER 17 (ジャンプ・コミックス)


HUNTER×HUNTER 19 (ジャンプ・コミックス)


HUNTER×HUNTER 18 (ジャンプ・コミックス)


これらに似ているなぁと思いました。


主人公であるゴンだけは無いんです。

最終巻で見られるのでしょうかね。



31巻に続き会長総選挙な訳ですが、さまざなな思惑の中決着しました。


「選挙」がこれだけ面白く描かれるマンガも珍しいと思います。



登場回数にしてみれば少ないはずのパリストンや十二支んの存在感、これが凄いです。


ハンター協会の「会長」という大きな権力を巡っての流れでしたが、これ自体無意味と言える展開ですね。



ネテロ会長の息子、ビヨンド ネテロの言葉



「年齢!!国籍!!職業!!人種!!一切を問わない!!可能性は須らく誰しも等しく持つべきだ!!」

ハンター協会というものを根底から覆しかねない勢力。


「人種」

これすら問わないというのは魔獣であるが蟻であろうが問題無いという事。

ビゼフ率いる三人組はもちろんですが、ジャイロも登場しそうでワクワクです。




このビヨンドネテロの一味にちゃっかりと13代会長を辞任したパリストンの姿があります。


ネテロ会長の死に涙したパリストン。


そんな彼の思惑、なんかポッと出の息子よりもパリストンを応援したくなる僕がいます。


息子はなんだか「三国志」っぽいですよね。



ゴンとジン、キルアとアルカナニカ、レオリオ。

加筆なしのカイト編にも驚いた32巻ですが、様々な出来事が一段落し、文字通りの「新章突入」です。


「暗黒大陸」

こんな中ニ病的なありふれたキーワードでも胸が熱くなりますね。


冨樫先生、めっちゃ楽しみにしてます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ファイアスノーの風

ファイアスノーの風 (ジャンプコミックス)
ファイアスノーの風 (ジャンプコミックス)

ファイアスノーの風  松根 英明 全1巻



川へ洗濯に来た少女・シーナは、上流で小便をする無神経な男と出会う。

赤いマントを羽織り、白いガムルを連れたその男・ゼノは、謎の一団に襲われた瀕死の男から、死に際に1本の剣の破壊を託された。


個人的感想

小学生の頃からとても好きな漫画です。

今読むと作品の粗さが目立つのも事実です。

打ち切りまっしぐらだったのが影響したのか回収が全くされない話がほとんどで、バロの敵もある意味では討てていません。

話の構成自体がちぐはぐしていて登場人物の印象もイマイチです。




しかし、駄作と決めつけるには惜しい作品です。

まずは画力、これに関しては高いです。

人物、背景などとても上手いです。


ヒロインのシーナは「きんぎょ注意報」のちとせを彷彿させる良さがあります。


とにもかくにも、打ち切られるのが早すぎでした。


ここから先はやれる展開がかなり多いと思うのです。


剣自体の謎は当然ながら


バロが実は生きていた!(実は黒幕とか) 

シーナが魔術師に!(イメージカラーから回復とか)

ホーク生きていた!仲間に!(ここはイケメンキャラでないと盛り上がらないやもしれませんね)



う~んもったいない...続きが見たい。



これはもう担当編集者が悪いという事で僕の中では結論づけられています。



好きなシーン

対ホーク


というより全11話なのでここぐらいしか話が動いてません。

ゼノの過去が知れる唯一の話です。


バロは思った以上に「バロ」って感じの顔しています。


残されたシュラにも複雑な気持ちです。


回想ではなんであんな「火曜サスペンス劇場」的な場所に居たのかがいささか謎ではあります。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

NHKにようこそ

NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)
NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)

NHKにようこそ  大岩 ケンヂ 全8巻


大学を中退して4年目の佐藤達広は、ひきこもりとなっていた。

佐藤は、自分が大学を辞め、無職でひきこもりであることなど全てが、謎の巨大組織の陰謀であると妄想する。

その組織の名はNHK(日本ひきこもり協会)


個人的感想

3大働きたくなるアニメ

可愛い先輩と楽しく働くWORKING!!

住み込みも悪くないと思える花咲くいろは

そして引きこもりの恐ろしさを知らしめてくれるこの作品、NHKにようこそ!



この作品を初めて書店で見かけた時はNHKこと日本放送協会(Nippon Hoso Kyokai)のマンガかと思っていました。

その後にネットで誤解を解いての購入です。


岬ちゃんが大変に可愛らしく、アニメが放送される際には小躍りした覚えさえあります。


「原作の良さを壊すんじゃねーぞ」

そんな思いで放送を心待ちにしていましたが、アニメは僕の想像以上に良いものでした。



まず岬ちゃんの声と佐藤君の声がドンピシャで、山崎の声が春原、毎週楽しく見ていました。


ギャグが多い反面シリアスなシーンはしっかりと描写し、自殺オフ会や山崎との別れや最終話の三日とろろはいつ見ても良いものです。

委員長の兄であるトロトロさんのその後についてもアニメの方が好きですね。



好きなシーン

上記でも触れている話は全て好きです。


「ドラマチックな死は僕らにはふさわしくありませんよ」の オフ会


「お前、負けて帰るわけじゃないだろ!!」の 山崎の帰郷


「さよなら、美咲ちゃん!!!」の 最終話



すべてが良いシーンです。




書いていて気づいたのですがこれはアニメのレビューですね。


美咲ちゃんはとても可愛いのでそれでいいということで。


アニメは原作と漫画のいいとこどりな感じですよね。



ちなみにアニメは前半から中盤までは主に漫画版、終盤は小説版がベースになっています。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。

テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ニコニコアニメスペシャル 「PSYCHO-PASS サイコパス」1~11話 一挙放送

12月21日かららしいです。

psycho-pass.jpg





【会場のご案内】

2012/12/21(金) 開場:20:30 開演:21:00

ニコニコアニメスペシャル 「PSYCHO-PASS サイコパス」
http://live.nicovideo.jp/gate/lv118642503


見逃していた方はこの機会に是非是非( ^∀^)





というより...



ニコニコアニメスペシャル
http://ch.nicovideo.jp/channel/anime-sp


年末はアニメ三昧ですね。


「イクシオンサーガ」「ヘタリア」「スタードライバー」

このあたりの人気作品も多々観れます。


hetaria.jpg


ヘタリア、見てないので楽しみです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。

テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

HUNTER×HUNTER 31巻

「あっ、新刊が出てる。今回は面白いかな~」




そんな心配が全く要らないマンガ。




それが



HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)
HUNTER×HUNTER 31 (ジャンプコミックス)


やはり安定していますね、ページをめくれば話にグイグイと引き寄せられてしまいます。

キメラアント編が終わり、選挙編に。


思えばこの話、キメラアント編から既に始まっていた様にも感じます。





人間の底すら無い 悪意





メルエムがいかに純粋だったかが分かります。

人間って醜いですね。


30巻でジンが普通に登場した事にも驚きましたが、ここでのレオリオには痺れますね。

またもや怒鳴りつけられるゴトー、前にもこんなことがありましたね。


そんなレオリオ、ジンをぶっ飛ばした事により一躍時の人に。

第七回の総選挙では2位にまで躍進。


男前っすね!彼は。


是非とも会長に就任して欲しいもんです。



そして、アルカ。

ゴンの命運を握っているワケですが、かなりの危なっかしさです。

ことハンターハンターではポックルやカイトの様な前例があるのでヒヤヒヤします。



アルカ=ゾルディックとは (アルカゾルディックとは) - ニコニコ大百科








能力

どんな「お願い」でも叶えて、その「お願い」の代償に「おねだり」してくる。これが念能力なのかどうかは現時点で不明。能力に関するルール等は後述。

アルカにお願いすると顔が目と口が黒く不気味に豹変し、「あい」と承諾し「お願い」を叶えてくれる。そしてキルアの事を「お兄ちゃん」でなく「キルア」と呼ぶ。キルアはこの状態を「ナニカ」と呼び、父親であるシルバはアルカ自体を「別の何処からか来た闇(なにか)」と呼んでいる。

「おねだり」する際は、「~~(対象者)、~~(対象物)ちょーだい」と発言する。

アルカ自身、ナニカの存在には気付いており、キルアの独白によると「ナニカが眠っている間だけアルカが起きる」との事。またアルカ・ナニカ共に主人格をある程度自由に入れ替わる事が出来るようだ。

ルール

どんな「お願い」も叶えてくれようだが、その「お願い」の規模が大きいほど「おねだり」の難度も高くなる。その「おねだり」は「お願い」した本人ではなく、別の誰かが背負う事になる。

「おねだり」は3回で、途中で別の者におねだりすることはない。また、ナニカが名前を知らない人物には「おねだり」は出来ない。破壊・殺人はその場で行えるが、治すなどの修復は対象者に触れる必要がある。

同じ人間が連続してナニカに「お願い」する事は出来ない。が、キルアのナニカへの「命令」は「お願い」のルールに適用されない。それ故に連続してナニカの能力を行使でき、「命令」に対する「おねだり」の要求レベルが大きく下がり、実質ノーリスクとなる。キルアにのみ「命令」ルールが存在するのは、ナニカはキルアに褒めて貰いたいという一心の為。

もし、連続で4回「おねだり」を断り、ナニカの「おねだり」ミッションをクリアできなければ、「おねだり」された人は一瞬にして荒縄状にねじり殺される。

そして、ミッションをクリア出来なかった者がその時にもっとも愛している者と同時に死ぬ。また、おねだり中に死んでも失敗と見做され、同様にもっとも愛する者が死ぬ。

加えて、「お願い」の規模が大きかった場合は「二人の命」に加えて更に死者が増える。追加で死ぬ人間はミッションに失敗した者と、長く時間を過ごした者から順に死んでいく。誰かがミッションを失敗すると、リセットされて「おねだり」の難易度はレベル1へ戻る。





うーん深い...

よくこういうアイディアが生まれるものです。




家族騒動なのでイルミは分かるのですが、ヒソカ。





ピトーと戦ってこい




そんな印象を持つ展開です。

十二支んが彼に絡むと十二支んも少し小物に見える気もします...。



なんにせよ32巻が待ち遠しいです。


発売は12月28日!ひゃっほう!!

今月は衆議院解散総選挙もあって選挙ずくめですね、冨樫氏がここまで狙ったのなら恐ろしい人物です




「狙った通りに獲物が動けば、ハンター冥利だろ」



余談ではありますが、ジンは冨樫氏に似ている気がします。

連載ペースや生き方が...。






更に余談ですが、イックションペってなんか語呂がイイですよね。

異様な存在感。



→HUNTER×HUNTER 32巻




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。








テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE 23巻

CLAYMORE 23 (ジャンプコミックス)
CLAYMORE 23 (ジャンプコミックス)





僕は毎巻カバー裏表紙の絵から見るのですが、今回はクレア。

若干の違和感を感じつつも

(随分普通だな....)

という印象でした。



そうです、僕は馬鹿です。






ここからはネタバレ全開だ、覚悟のある奴だけ見てくれ....







やはりクレイモアは面白い


23巻は様々な伏線をほぼ全て回収します、驚きと感動シーン満載。


組織の謎、そして壊滅。


ミリアは組織の全容を胸に秘め、長リムトの首を仲間達に掲げる。

全戦士の反乱、組織の長い歴史の終幕。


7人で組織を潰すというミリアの夢物語の成就。



もう1つ残ったのもう1人の仲間の願い。


「奇跡は願うものではなく自分たちの力で引きずり寄せるもの...とな」


隊長、ミリアの言葉。




7人は聖都ラボナ、クレアの元へ。


ラキは命を賭してクレアに話しかける。


7年の想いを伝えるラキ、それに呼応するように引き戻されるクレア。

ヘレンの予感の通り「未処理」の体のクレア。


「クレアを、その場で力いっぱい抱きしめてやって欲しい」

7人の中で最も冷静な仲間の想い。



「ずっと会いたかったよ、クレア...」

処理済みのその体を強く強く抱きしめる。


「大きくなったな...ラキ....」

涙を浮かべるクレア。





7人の仲間、かつての装備に身を包み剣を重ねる。


「みんな、必ず生きてまた笑おう」









さあ行こう

組織の戦士として

やり残した最後の仕事だ




これはもうクライマックスですね、2002年から10年間続いたクレイモアが終わってしまう...。

長い時間をかけてしっかりと描いてきたこの物語、様々なシーンの重み、深みが伝わりますね。


半年に一巻というスローペースにやきもきしていましたが10年って本当に早いんだと実感しました。





上記画像のシーンは7人全員あるのですが、こういったシーンが本当に本当に「絵」になります。

演出としてはありきたりなこういった演出もこの作品が名作であればこそ映えるのだと。


実年齢でミリアの次に年長なのは「ユマ」なんですね。

なんか頷ける感じです。




ラキの元に来た覚醒者達も気になりますね、イースレイ絡みなのは間違いないとは思いますが。



プリシラを倒した後は龍の末裔編に突入、ナシでしょうか...?




CLAYMORE クレイモア 24巻 マンガのある生活





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。







テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編 5,6巻

賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(6) (KCデラックス)
賭博覇王伝 零 ギャン鬼編(6) (KCデラックス)


4巻が面白くなかったので間を置いてからの購入になりました。


もはや完全に坂崎化をはたした末崎、入れ替わっているとしか思えません。


5巻の冒頭で驚いたのはジュンコの仲間入り、これは少年誌らしい展開で悪くないです。

もともとは末崎、板倉も敵であった事を考えるとこれも零のカリスマ性のなせる業と言えるのかもしれません。

この事には金神様も触れていました、裏切る気満々のブルータスは見たくない気がしますが。


「海賊王になるにゃ~」などの少し危ないセリフも飛び出す9億1千万円祝勝会はどこか間が抜けていて黒沢を思い出します、なんか良いです。






ここでの大きな動きはやはり「諭吉の独り言」ですね。


おじいちゃんの監禁。

監禁ネタは福本作品ではよくある話ですが、この事件で初の「老人監禁」です。


零の推理は久々に面白く、「人を伝書鳩に」のくだりには福本節がよく出ています。


ここから先、6巻では本格的に「宝探し」が始まり、天才児のタツキとの争奪戦に。



真実を突き止めるべくコナン的な展開、いやRPG展開になる御一行。




若干の中だるみの中、真実に近付いているのか....。



7巻は早くとも3月、長いっすね....。



この話で出てきた宝桜グループとおじいちゃんとタツキ。

今までの流れ通りであればかなり強力な仲間になりそうですよね。

タツキは標を知っていたりと何か含みもありそうな気が(メロとニア的な)



僕はこの流れは嫌いでは無いです。




next→賭博覇王伝 零 ギャン鬼編 7巻




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です



テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

12 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login