リアル 12巻

REAL 12 (ヤングジャンプコミックス)
REAL 12 (ヤングジャンプコミックス)


最近はバガボンドが面白くない。

リアルだけは...リアルだけは....









面白いです

前巻とはうって変わって清春と久信の話が殆どです。


自分に足りないものを見つけ、更に進化する清春。

恩師である虎の激励を受けて「仲間」について考える。


それの大切さを先に見つけていたリョウ。

タイガースの未来は明るそうです。



久信にも明るい話が多く


「オヤジ、早く競技用車椅子をプレゼントするんだ!」


そんな風に思ってしまいます。


床から車椅子に乗る訓練でガッツポーズをする久信。

その力強い腕に目標を持った信念が伺えます。


タイガースのジャーマネにふみか登場も新展開ですね、こうなると久信がタイガース入のセンも出てきますが、個人的にはドリームスで戸川に立ち向かって欲しいです。

ドリームスとタイガースの試合でふみかが涙ながらに「タカハシ」を応援する姿も悪くないのではないかと。



唯一、不安が多いスコーピオン。


「進め、お守り三銃士ーーー」


そう予告された13巻予告。


我が身のように見守る久信と花咲。



面白いです リアル。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です


テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)
ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)

PSP 角川書店


個人的感想


病院に入院してからの間に、あらゆる出来事に無関心となったセツミと、病院のホスピスとなっている「7階」に入ることになった主人公。

2005年冬。7階へやって来た主人公は、談話室で同じ7階に入院しているセツミと出会い、それからセツミとの会話ともつかないやり取りを繰り返す毎日を送る。

そしてある日、主人公は父が病室に置き忘れた車のキーを持ちだし、7階と自宅、どちらでも死にたくないと言うセツミと共に病院を抜け出し、あてもなく西へと車で向かう。

二人は水仙が咲き誇ることで有名だと言う淡路島へと行くことになる。



本編ではこの3人を主に物語は進みます。


1章 セツミ
ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)


2章 姫子
ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)


3章 日下洋子
ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)





ちなみに僕は1~3章しかやっていません。

3章をやってお腹いっぱいでした。


この作品は「感動作品」銘打たれている事が多いですが、そこに少し違和感を感じます。

死生観は人それぞれで環境やもって生まれた物も違うからです。


作中では「宗教観」についても多く触れています。

僕は無神論者なのであまりピンときませんが「死」に触れた時もそうであると断言はできません。



こう書くと難しそうな話のようですが、物語自体はテキストのみで進行するので興味がある方はプレイすることをおすすめします。

「終末医療」を題材としているため、ラストは必ずしも幸せなのかは分かりません。


結末はあなたの目で確かめてください。



ここから下はネタバレを多く含んでいます




好きなシーン

ナルキッソス ~もしも明日があるなら~ Portable(通常版)


やはり「銀のクーペ」です。


この手のゲームならチューの一つもするもんだと思います。

が、阿東君はしません。


ひたすらにスロットのメダルや衣服を盗もうとします。


未来の無い二人の逃避行、この話はいつ見ても複雑な気持ちになります。


二人は「病気」で余命は幾何か、どこにも逃げ場はありません。

ならば二人はどこに向かうのか。






「切なる想い」

このゲームの中で最も好きなBGMなんですが第3章の「DOUGHNUT」(ドーナッツ)で流れます。


7Fを創る蒔絵と日下、ここで初めてこの曲が流れたときは正直ブルっとしました。


完結編であるこの3章も非常に良い話です。


「夢の交換」からラストまでの流れは一番好きかもしれません。



忌むべき場所のように描かれている7F。

そこは二人の「切なる想い」から生まれたものでした。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です


テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ストッパー毒島

ストッパー毒島 12 (ヤングマガジンコミックス)
ストッパー毒島 12 (ヤングマガジンコミックス)

ストッパー毒島 ハロルド作石 全12巻



去年本気で毒島の打者転向を考えた事がある




パ・リーグの弱小球団・京浜アスレチックスの木暮スカウトの働きもあり、1995年のドラフト会議でアスレチックスから8位指名を受ける毒島。

入団を渋る周囲の人間を自慢の剛速球で捻じ伏せた毒島は、チームのストッパー(抑え投手)を志願し、シーズン60セーブとチームのリーグ優勝を目指して1年目から大暴れする。

毒島大広 無職 登板機会無し 彼は後に大記録を残す。



個人的感想

BECKの前にハロルド先生が描いていた作品です。

序盤はゴリラーマン、終盤はBECKに近い印象です。


実名選手が多く、日本でプレイするイチロー、ロッテ時代のレイリオッタに似ている伊良部氏が見れる貴重な作品でもあります。

僕は伊良部選手が好きだったので自殺がとても悲しいです。


素行の悪い毒島ですが、彼はとにかく頑張り屋で中盤以降はその努力が報われていく様が読んでいて楽しいです。


ジミーカイテルなどの回収されなかった伏線もあるものの、ウェイクさんの復活や佐世保さん、チームリーダーの加瀬、とにかくチームメイトが格好良いです。


ラストはかなり感動的です、野球マンガ好きな人には特にお勧めしたいですね。



余談ですが、工藤氏はカリメロは似ていると思います。





好きなシーン


ラストバッター



ここが嫌いな人、居ないのではないか


そう言えるくらいに良いシーンです。


10巻以降は本当に面白いです、主人公を勝たせて尚且つ面白く見せる。

まぁ佐世保さんは主人公ではないんですが…

あと清水は何処に…?

序盤では存在感あるライバルだったのに。


あとは西武のスキンヘッド外国人。


「ナンバー55の毒島を覚えておくといいぜ」


フィッシュバーン…。





簡単なようですごく難しいことだと思います。



12巻では不破が出てくる事にも驚きました、BECKでも火野と毒島の名前が出ていましたね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY

サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY(ゴッデス オブ デスティニー)
サガ2 秘宝伝説 GODDES OF DESTINY(ゴッデス オブ デスティニー)

Nintendo DS


個人的感想

GBの名作、サガ2のリメイクです。

RPGのリメイクは今では珍しくはありませんが、あまり良作がないのも事実だと思います。

そんな中でもこの作品は良リメイクに分類されると思います。


まずキャラクターですが、人間、エスパー、メカ、モンスターの種族から4人を選択してスタートになります。

秘宝を探して旅に出た父親の後を追って行くというRPGです。


しかしながら担任の先生がスライムだったりと15年以上前の作品としてはかなりブッ飛んだ設定であったと思います。


旅をしながら秘宝を集め、世界を守るべく戦う。


設定は古いものなので本当に普通です、だからこそ良いのです。

戦いを繰り返して成長する人間、バトル後に新たな能力を得るエスパー、武器によるパワーアップをするメカ、肉を食べる事で弱くも強くもなるモンスター。

仲間の組み合わせは自由なのでメカ×4だったりモンスター×4にしたりもできます。

主人公をメカにして、

子供の出来なかった家庭の話

そんな妄想をしながらプレイしたりするのもいいでしょう。


とにかく自由度が高く、RPG本来の楽しさが味わえる。

それがこの作品です。



僕はGB時代からかなりの回数をプレイしています、小学生時代に買って高校生ぐらいまでやってました。


そうなると気になるのが、追加されたシステムなんですが、ここに関しては全く問題ないです。

追加システムが嫌なら無視すれば良いからです。



追加システムは大まかに、ミューズ、運命の糸、イベントの3つ。

ミューズシステムは主人公のピンチに現れて戦況を大きく変えたりもします。

運命の糸による連携は爽快の一言。

イベントも物語を盛り上げてくれます。


ミューズ達は皆可愛いので寧ろ仲間になってくれたら嬉しかったですね。



自分がそうなので思うことですが、やはり仕事をしているとゲームはしなくなります。

かと言って新しいゲームのシステムを覚えるのは若干骨が折れます。

でも過去にプレイしたものリメイクなら入り易いと思います。


「たまにはゲームでもしてみるかな~」


そんな時にこのゲームをオススメしたいですね、現在はかなり安くなってますし。



好きなシーン

アポロンも良いですが、中盤の大ボスビーナス。

GBでも苦労したところですが、こちらでもなかなか苦労させられます。


「ビーナスさんよ!やりすぎだぜ!!」


このセリフには色あせない良さがあります。




小学生時代には知らなかったんですが、「アライのメット」という防具(DS版ではバイカーメット)


アライ(ARAI) SZ-Ram4 HAYDEN STAR XL 61-62cm


これだったんですね....


ここでは火縄銃も買うのが通なので、これを被って火縄銃を携えた主人公たちを結婚式に招待するビーナス様。

やはり大物ですね。



普通に大江戸で売れば良いのにしないとこがsaga。


大江戸に行った際には大御所がいる天守閣でしゃちほこ倒してレベル上げをお忘れなく。

フレアの書をたくさん落とすのでアイテム欄も開けておく事を推奨します。


人間、エスパーのパーティならヤバイ位に強くなります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。


テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

近未来不老不死伝説 バンパイア

近未来不老不死伝説バンパイア 3 (ジャンプコミックスデラックス)
近未来不老不死伝説バンパイア 3 (ジャンプコミックスデラックス)

近未来不老不死伝説 バンパイア  徳弘正也 全5巻

2010年に起きたマリア会の軍事クーデターにより日本は民主主義が消滅し、マリアを神と崇め「正義は必ず勝ち正直者は報われる」ことを教義とするマリア律法が全てに優先し異を唱えるものを排除するディストピアと化していた。

2014年、マリアの娘である本田マリアは昇平の妹として育ち普通の女子高生となっていたが政権内部の権力闘争に巻き込まれていく


個人的感想

この作品は2部構成になっています、この作品はその2部目にあたります。

無精生殖によって生まれた、マリアこと本田マリアがバンパイアとして登場します。


昭和編を読んでいる事がこの作品を楽しく読むための必須条件になるんですが、ノスタルジックな雰囲気から一変したディストピアな世界、そこには民主主義は存在しません。

まず誰しもが驚くのは昇平の成長っぷり、金髪のイケメンで再登場です。


「覚醒者」としての能力は衰えていた彼ですが、本田マリアの為に再び戦います。

マリアの幼馴染であるブーちゃんとあの人にしか見えない影山。


ラストについては賛否あると思いますが、それぞれの「思想」その結末。



好きなシーン

神々の戦い


やはりアクションシーンが上手な徳弘先生の真骨頂です。


ここから先はかなりのネタバレです。


圧倒的な多勢対少数、漫画では普通に勝ってしまいそうなこの戦い。

普通に、いともあっさり負けてしまいます。

戦いを見たマリア会の面々は魅せられ、感銘を受けます。

昇平の後を任せられる覚醒者、ブーちゃんの活躍。

奮闘するマリアと影山。


が、ここまでです。


主人公である昇平はいともあっさりやられます、一刀両断です。

ブーちゃんの最期もかなり悲惨に。


そして影山とマリアが生き残り物語は結末を迎えます。



十文字 篤彦とマリア、その最期。


読み終えた感想としてはデスノートで月が勝っていたらこんな感じだったのかなと思いました。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。




テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

昭和不老不死伝説 バンパイア

昭和不老不死伝説 バンパイア 2 (ジャンプ・コミックスデラックス)
昭和不老不死伝説 バンパイア 2 (ジャンプ・コミックスデラックス)

昭和不老不死伝説 バンパイア 徳弘正也 全5巻


バンパイアであるマリアは不老不死に取り付かれた人間達との戦いをその長い人生において幾度となく繰り返してきた

2004年、再び不老不死に取り付かれた人間との戦いが近い事を感知したマリアは超能力を持った高校生本田昇平を見つけ出し、彼の能力を強化し始める。



個人的感想

世界観としては狂四郎に、内容は20世紀少年に近いと思います。

政治、環境、宗教、こういったものをテーマにしています、そこに人の欲や弱さなどが絡み合います。


バンパイア というからにはマリアと昇平が主人公であるのが当然だと思いますが、作中では十文字 篤彦も主人公と言えると思います。

一見するとロン毛の梁師範のような出で立ちをした彼ですが、この物語を大きく動かし続けます。

マリアと過ごした幼少期を糧とし、マリアの為に生涯を懸けていると言っても過言ではないです。


昇平のマリアと篤彦のマリア、この相違が物語の核だと思います。


それまでの作品が良作揃いなので評価が低い本作ですが、読むとその世界観にグイグイ引き込まれます。

読んで損はしない作品だと思います。



好きなシーン

現在より永遠に。

最終話です。

この前の話の「今朝のマリアはいつもより綺麗だよ、きれいだよ」


ここからの流れが好きです、最終話の扉絵はマリアと昇平、そして篤彦が笑顔で並んでいます。


作品の一貫したテーマ、というよりも徳弘先生の作品に共通したテーマに「戦争」がよく出てきます。

作中でも語られていますが、戦争がなければ人は平等に得られる、ということです。


人間には誰しも「欲」が存在します、言い換えるとそれによって活動している訳です。


もしもそれがなければ最終話の3ショットを作中で見ることができたのかもしれません。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。



テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

監獄学園 6巻

監獄学園(6) (ヤンマガKCスペシャル)
監獄学園(6) (ヤンマガKCスペシャル)


買ってきました。

新刊コーナーに平積みで鎮座していました、人気出てますね。


表紙を見ての違和感、何故この人?

読んで納得でした。


それにしても監獄学園は安定していますね、面白いです。

初期のアゴゲンからは想像もできませんでした。


全巻ではシンゴハブられフラグを邪推しましたが上手いこと纏まったと思いますね。


6巻を読んだ後に過去の巻を読み直したんですが、ガクトはかなりイイ男化が進んでいます。

オタク、格好良いオタク、格好良い三国志オタク、ガクト、名前負けしていませんね。



6巻には満足なのですが、如何せんの出番が少ない...

これは誠に遺憾です。


平本先生、花の出番増やしてください!




いや、副会長も好きなんですけどね。



なんとなく思うのですが、この漫画ドラマ化しそうな気がします。

深夜ドラマとかアリかなぁ、と。



→監獄学園 7巻




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。









テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

シークレットゲーム キラークイーン

シークレットゲームPORTABLE イエティベスト
シークレットゲームPORTABLE イエティベスト

イエティ PSP ADV サウンドノベル


個人的感想

まず、プレイヤーたちは眠らされて建物1階にランダムに配置される。

そして一律に首輪、そして複合的な機能を持ったPDAを与えられる。

PDAはトランプをモチーフにしており、『ゲーム』のルールの表示や地図の閲覧、残り時間表示などが主な機能。

またこのPDAは首輪を解除するためのキーとしても動作する。

無線で通信する機能も持っており、運営側の『組織』から(主に悪意的に)与えられる特別な情報も次々と表示されていく



こういったルールがいくつかあり、密室に閉じ込められた他人と協力したり敵対したりしながら進めていきます。

但し選択肢等は特に無く、テキストを読んで進めます。

BETシステム がこのゲーム固有のシステムになるんですがこれがなかなか厄介です。

もしもプレイされる方がいたらココだけは気にした方がいいかもしれません。

内容はハラハラしながらも真実を追求して行くのですが、ストーリー、音楽共に秀逸でした。

PSPでベストプライス版(値段が安い)が出ているのでそちらをオススメします。

18禁版もあるのでより作品を愛でたい方にはそちらをオススメします。




そういえばこのゲームの人気キャラが気になったので調べたのですが、一位に出てきたのが 



漆山権造

になっていて 「エエーーー!!」

とマスオさんバリに驚いたのですが、何かの手違いのようで安心しました。



一位は綺堂 渚

元傭兵の高山さんもなかなかかっこいいですよ。(男性陣一位、総合五位)


グラフィックや絵は正直物足りない部分が多いですが、曲がかなり良いです。


シークレットゲームPORTABLE イエティベスト

内容も普通に面白いのでオススメします。


一番好きなBGMはこれです。









ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。





テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

« »

11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login