スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリフターズ

ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)
ドリフターズ 1 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 平野耕太 3巻 以下続刊


首置いてけ!! 首置いてけ!!なあ!!

140321_000006.jpg


歴史上で、生死不明のままになった人物、漂流者(漂流物)ドリフターズ

歴史上で、非業の死を遂げた人物、廃棄物、エンズ

人類を滅亡すべく進軍する廃棄物を率いる黒王

黒王軍から人類を救う為各国に協力を求め、漂流者を守る十月機関(オクト)

オーク、エルフ、ドワーフなどのデミヒューマン(亜人)が住む異世界を舞台に歴史上の英雄たちが戦いを繰り広げる。

関ヶ原の戦いの最中、島津の退き口の殿軍を務めた島津豊久。

本能寺か蘭丸と共に脱出を試みた織田信長(こちとら謀反慣れしとるんじゃい)

源平合戦の軍記物語で語られるものとは全く違った性格、容姿をした弓の名手、那須資隆与一。


豊久を頭目とし、3人の漂流者は滅びの道を歩むオルテ帝国「奪る」為に動き出す。


140320_211211.jpg



個人的感想

ありそうで無かった、いやFateがあると言われればそこまでなのですが…。

誰でも思いつきそうな「歴史上の人物オールスターバトル」、これをヒラコー先生独自の視点から描く歴史ファンタジー。

様々な時代、国を舞台にしているので歴史好きな人にはぜひとも読んで頂きたい本作。


島津豊久という若干マイナーな武将を主人公に、国盗り開戦。

「表」の主人公こそ豊久ですが、豊久を王にすべく参謀として裏方に徹する信長。

彼も「裏」の主人公と言えると思います。

織田信長というと大概は破天荒な部分を存分に振りかざした魔王としての信長。

これが殆どです。

このドリフターズにおいての信長は本能寺の後、齢50。

己の失策を見直し、自分以外の為にその経験を元に狡猾で冷徹な策略を張り巡らす。

「漂流者」の本質を理解している節もあり、物語の案内人的でもあります。

それでいて豊久、与一とのやりとりはどこかギャグテイスト。

シリアスなシーンとのギャップもよかったりします、クロスチョップ姿の第六天魔王は実に新鮮。

本能寺の編以降、ドリフターズの信長が僕は一番好きかもしれません。



一方で豊久がいずれ戦うであろう、廃棄物ことエンズ。

ジャンヌダルク&ジルドレ

アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ

ラスプーチン

そして…


土方歳三

そう、幕末好きの僕は歳さんが居ると知って購入しました、が!「敵」…。

普通だったら新撰組の代名詞、だんだら羽織にしそうなもんですが、函館五稜郭時の洋装!

これが大変格好良い。(死亡したのが函館だからでしょうか?)


一応どの登場人物にも「対」になる人物が存在、ならば歳さんにも存在するはず。

幕府側の新撰組、内部の人物ならば 近藤勇(斬首)沖田総司(結核)などですが粛清などが多かったため廃棄物はありえますが漂流者は難しい。

近藤勇が出た所で微妙な気も。

そうなると倒幕側、長州、薩摩、土佐の一部あたりか。

しかしその辺の人物とは遺恨、交流があまり無い。

無理に因縁付けるのであれば、坂本龍馬、岡田以蔵くらいだろうか…、内部とするならば芹沢鴨くらい。

140205_024144.jpg
新撰組流血録 壬生狼のような龍馬なら是非とも見てみたい。

商才豊かな龍馬の才能は信さんとも相性が良さそうな気が。


黒王の能力は完全にファンタジー、菅野直は戦闘機で竜を撃墜。

しかしこれだけでは火力が足りない気がする。


ならば


rudel_1.jpg
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

この方にも参戦していただきたい。

ナチス将校、スツーカの悪魔。

急降下爆撃機乗りでありながらエースパイロット。

更には30回撃墜されているので被撃墜王(被弾して墜落した回数)

存在そのものがマンガの様なルーデル閣下、ナチは描き飽きたとヒラコー先生は言ってましたがやはり人間いつかは原点回帰するものです。

Gadermann.jpg
ガーデルマンと一緒ならばよりベター。

アナスタシアとは地味に被っていないのが残念、大佐は真っ先に攻撃しそうですが。

アンサイクロペディア ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB


上記で大佐の活躍を読めます、アンサイクロペディア史上最高のページだと思います。

「誰がやったか分からない戦果」とか最高です。

問題は両名ともに非業の死ではない事、まあ参戦は無理でしょうね…。




発刊ペースが年一冊ペースなのでヘルシングと同じくらいで完結するとしてもあと7年くらいは続くはず。

期待して待ちましょう。





余談ですが各話タイトルは全て歌から採用している模様です。

「愛をとりもどせ」とか胸が熱い。


好きなシーン

ドワーフ奪還。

火矢にはじまり、エルフを含めた全員が己の役割を果たして活躍。

ハンニバルのじいさんも「ヒュッ、ヒュッ、ヒュッ」したり木苺食べたり虫を食べたりと活躍。


なかでも信長が実に目立ってます。

皆と違う所に着目し、ドリフを「技術の渡来者であり、思考の差異者」と察知。

破天荒な豊久達に対していつも頭を悩ませる信長。

良識的な一面が目立つ織田信長とか新しいです。


「前略 織田家の皆さんお元気であるか 前右府である 今 思えばおまえらすごく俺の言う事きいてたんだね 」





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

デスノート

DEATH NOTE デスノート(1) (ジャンプ・コミックス)

DEATH NOTE(デスノート )原作 大場つぐみ 作画 小畑健 全12巻+α 


僕は新世界の神になる!


名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする天才・夜神月と、世界一の名探偵・Lの「二人の選ばれし天才」の頭脳戦を描く。

二人の天才の結末は如何に




個人的感想

1,2巻午前中に購入し、結局その日の内に既刊をすべて購入。

12冊という巻数でありながら展開は早く、内容は濃い。



近年のジャンプ作品では最も盛り上がった作品では無いでしょうか。

3000万部という売上以上の盛り上がりがあったと思います。


かくゆう僕も仲間内で ライト派 L派論争をすることもしばしば。

erf4.png


数多くのメディア展開をしているので知っている人がほとんどだと思います。

マンガ、アニメ、映画、全て結末が異なっているのですが、ラストに関してはアニメが好きです。


僕はキラ信者です。


原作者の大場つぐみという人物についても大きく話題になり、喧嘩商売の木多先生が

「ガモウ先生のことですね?」

と暴露したのを皮切りに大場つぐみ=ガモウひろしというのが知れ渡っていきました。


ラッキーマンで有名なガモウ先生、内容は面白いが絵がダメ。

大きく×を書かれて入れられるボツ箱の常連だったことから

大 × 組→おおばつぐみ→大場つぐみ

になったと言われています

無題cxcxwc

無題3d3ff

 
「月があの時ああしてたらなぁ…」

そう思う箇所が多いですが少年誌であったのがライト最大のネックでしたね。



好きなシーン

ヨツバ

Lとキラの共闘、そしてあの締め、ライトの計算が最も上手く決まった瞬間。

互いの感情が物語を動かし、決着。

キラ信者ながらもやはりLは好きです。


火口の小物っぷりも中々でした。


デスノートはここがピークな気がします。

メロ、ニアは全く好きになれませんでした。


ここでのライトは確かに「無能過ぎ」です。


アニメのラスト、協会の階段を登るライト。

良リメイクだと思います。



なにげに10年前の作品、このクラスの作品は中々出てこないですね

名言も多いし


dwd32.png





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

天使じゃないッ!

天使じゃないッ! (ヤングチャンピオンコミックス)

天使じゃないッ! 岡田和人 全1巻 


いじめられっ子の岳田。

お金を取られた恨み


正々堂々と呪い殺してやる事を決意。


彼は悪魔を呼び出すことに成功。


「魔界への貢ぎ物とさせてもらう」


悪魔には成功報酬として大切なものを一つ奪われる…。



個人的感想

女の子の絵柄に定評ある岡田先生。

1巻というコンパクトな作品ですが、読みやすく後口もよい良作。


岳田の元にやってきた悪魔、インターン セーレ。

見習いの悪魔。

羽根は無いわで特にこれといってすごい力もありません。

エンマ様と岳田に翻弄されつつも一人前になろうと頑張ります。



まあ全然悪魔らしくはない彼女。


岳田は彼女によって前向きに生きる事ができるようなります。


エピローグ後の話も読んでみたいと思わせる丁寧に作られた作品です。


僕はデスノートはこの作品に影響されているのでは無いかと密かに思っています。



好きなシーン

紫式部

若干ホラーテイストを含んでいますが、一番長い話です。

ここでは岡田先生のこだわりが随所に見られ、初頭では注意書きも。



岳田 岡田


主人公の名前から思うことですが、岳田とは作者の岡田先生自身なんだと思います。


その理由は成長した岳田の職業から分かります。


「可愛い悪魔が自分の元に」


こんな妄想、若い時には誰しもが一度は思ったり、思わなかったり。


僕は妄想したした側です…。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

ツヨシしっかりしなさい

ツヨシしっかりしなさい(1) (モーニングKC (1016))

ツヨシしっかりしなさい 永松潔 全19巻

しっかり者の長男ツヨシと、才色兼備な姉二人と母。

家事が一切出来ない女達と理不尽ながらも平和に?送られる生活。




個人的感想

アニメが有名な本作品



バシッ!、バシッ!、バシッ!



ってオープニング画像に懐かしさを覚える人も多いのでは無いでしょうか。


ほぼ毎回姉と母親にボコボコにされるツヨシ。

ツヨシの親友、アホナベこと渡辺 司、彼の妹由美ちゃんともう一人青い服を着た男の子。

アニメ版ではよく見かけましたが2人はアニメオリジナル。


ツヨシに密かに想いを寄せるしっかりものの由実ちゃん。

違和感なく登場しています。

アホナベは漫画版だと「ナベ」と呼ばれているのですがここを変えた理由は謎。


声優陣も実に豪華で実力派揃い。


ブルマ、わぴこ、セーラームーン、シンジ君、コナン、ユダ、くじら、千葉繁etc…

この辺りもアニメがロングヒットした要因の1つでは無いでしょうか。





漫画版ではわりと成年向けの内容が多く、ツヨシも毒を吐いたり喫煙したりと。

悪い一面が目立ちます。


「これじゃあ殴られても…」


そんな展開が多かった印象。


しかし、そこを嫌味なく読めるというのがこの作品の良いところ。


携帯も、パソコンも無く、買い物は商店街。

テレビのチャンネルを奪いったり。

今ではあまり見られない昭和の時代の暖かさに触れられる良作だと思います。

アニメでは上手くそこを残しつつも全年齢で楽しめる様に改変していますね。



アニメのED 爆風スランプの 涙3 ナミダサンジョウ



今聴くと物悲しいような感慨深いような気分に。

名曲です。








なにげにアニメの3年前、1989年にはドラマ化も。

ここでは井川 敦子というオリジナル姉が登場。


母 泉ピン子 

父 高田純次

恵子姉さん 田中美佐子

典子姉さん 山瀬まみ



そしてツヨシ役に元SMAPの森且行


時代を感じますね。


好きなシーン

相撲部


原作ではツヨシが大学生になり、どのジャンルにおいても超人的な能力を発揮。


相撲でもそれは健在で


ツヨシしっかりしなさい(15) (モーニングKC (1071))

ブクブク太る彼…


わりと長期にわたってこの現象は続き、家族からは総スカンを喰らっていました。

禅道で悟りを開いたりも。


結構ダメな奴なイメージの強いツヨシですが、彼はかなりのハイスペックですよね。


最終話では舞ちゃんと新しい家族に囲まれて、大変ながらもどこか楽しそうな笑顔で幕引き。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

デビルエクスタシー

デビルエクスタシー(1) 新装版 (ヤングマガジンコミックス) 


デビルエクスタシー  押見修造  全4巻 

巨乳にトラウマを持つ大学生ノボル。

合コンで撃沈し、落ち込んだ気分で友達の高橋と立ち寄った風俗店「デビルエクスタシー」

そこで働く貧乳少女、メルルに恋をしたノボル。


翌日、高橋は死亡。

髪は抜け落ち、幸せそうな表情で。



貧乳と童貞は………




世界を救う






個人的感想

「惡の華」で有名な押見 修造先生の作品。

惡の華以外ではこの作品が好きです。


当時のヤンマガは若干の下り坂傾向であり、そんな連載されたこの作品は多くの支持を得ました。

ホラーテイストを含みながらもギャグ調。

なによりも女の子が可愛い。


ラスボスの影、最終章の手前あたりで謎の「別冊ヤンマガ」への移行(37話までヤンマガ)


「続きが読みたけりゃ別冊買え!」


そう言わんばかりのこの仕打ち、これには押見先生も憤慨したのでは無いでしょうか。

38話以降は絵柄も大きく変わっています




ひっそりと連載終了した本作は単行本が並ぶことも少なく、デビルエクスタシーは地に潜ることになる。



それがこの度新装版として再販、ようやっと陽の目を見ることに。


ちなみに、新装版での加筆は多分無し。

表紙が豪華絢爛、イケメンになって裏表紙を飾るノボルと、主人公を差し置いて男性陣唯一の表紙を飾った陰夫に満足する事にしましょう。


陰夫は最終的には会話に英語を盛り込みまくる「ルー大柴」の様に変貌。





好きなシーン

結婚式までの一連


1巻からの伏線?なのか、みーちゃんとの決着。


僕はみーちゃんはあんまり悪いとは思ってないんですよね。

小さいときの話も含めて。



わりとこの作品は報われない人物が多い気がします。


照子先生とかおっさんとか。


一番の勝ち組はやはりこの二人。



陰夫&ララベルでしょう。


ここだけ見るとこの二人が主人公のようだ…。

主人公&ヒロインよりも大成しやがって。


ララベルは良いがその服のセンスはなんだ陰夫…。




巻数は少ないですがストレスなく読めて良いと思います。

引き伸ばし等も無いので。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。