スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛斜堂

愛斜堂 1 (ヤングマガジンコミックス)

愛斜堂 岡本健太郎 1巻 続刊不明

「いまだかつて誰も見たことない辞書作ろうじゃないの」

というコンセプトの元、矢口編集長を中心とし、辞典部の社員達が日々奔走する。


個人的感想

ヤングマガジン発のシュール作品です。

他のマンガと比べて突出した何かがあるわけではないのですが、何故か後を引く作品です。

すべからく 人一倍 読了率 などの意味も学べるトリビア的一面も。

絵柄は飛び抜けて上手いわけでは無いですが好きです。



「山賊ダイアリー」で上手くなっていて驚きました。

山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)
山賊ダイアリー(1) (イブニングKC)





140514_225221.jpg

愛斜堂の天使 赤木嬢





最近はイブニングで活躍してる岡本先生。

好きな漫画家なんで嬉しい限りです。

最近の山賊ダイアリーは愛斜堂寄りの絵柄に戻りつつある気が…、それはそれで良いものです。


先生のブログにたまに出てくる猫ちゃんがまた可愛いんですよ。

猫も狩猟に連れて行けたらリアルモンハン状態。


好きなシーン

苦笑い 

140514_225121.jpg
辞書掲載写真


天然平社員 中山が活躍する話。

基本的に短い短編なのでそこにドラマや物語があるわけでは無いのですが。

サービス残業なんかに追われる現代社会。

今の社会に必要なのは愛斜堂のような会社かもしれません。


なおこの作品は2005年に単行本が販売され、巻末には二巻も出ると記載されているので、続刊不明にしました。

来年で愛斜堂も10周年、僕は二巻をいつまでも待つでしょう。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
テーマ : 漫画の感想    ジャンル : 本・雑誌

NHKにようこそ

NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)
NHKにようこそ! (1) (角川コミックス・エース)

NHKにようこそ  大岩 ケンヂ 全8巻


大学を中退して4年目の佐藤達広は、ひきこもりとなっていた。

佐藤は、自分が大学を辞め、無職でひきこもりであることなど全てが、謎の巨大組織の陰謀であると妄想する。

その組織の名はNHK(日本ひきこもり協会)


個人的感想

3大働きたくなるアニメ

可愛い先輩と楽しく働くWORKING!!

住み込みも悪くないと思える花咲くいろは

そして引きこもりの恐ろしさを知らしめてくれるこの作品、NHKにようこそ!



この作品を初めて書店で見かけた時はNHKこと日本放送協会(Nippon Hoso Kyokai)のマンガかと思っていました。

その後にネットで誤解を解いての購入です。


岬ちゃんが大変に可愛らしく、アニメが放送される際には小躍りした覚えさえあります。


「原作の良さを壊すんじゃねーぞ」

そんな思いで放送を心待ちにしていましたが、アニメは僕の想像以上に良いものでした。



まず岬ちゃんの声と佐藤君の声がドンピシャで、山崎の声が春原、毎週楽しく見ていました。


ギャグが多い反面シリアスなシーンはしっかりと描写し、自殺オフ会や山崎との別れや最終話の三日とろろはいつ見ても良いものです。

委員長の兄であるトロトロさんのその後についてもアニメの方が好きですね。



好きなシーン

上記でも触れている話は全て好きです。


「ドラマチックな死は僕らにはふさわしくありませんよ」の オフ会


「お前、負けて帰るわけじゃないだろ!!」の 山崎の帰郷


「さよなら、美咲ちゃん!!!」の 最終話



すべてが良いシーンです。




書いていて気づいたのですがこれはアニメのレビューですね。


美咲ちゃんはとても可愛いのでそれでいいということで。


アニメは原作と漫画のいいとこどりな感じですよね。



ちなみにアニメは前半から中盤までは主に漫画版、終盤は小説版がベースになっています。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。

テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

イキガミ

イキガミ 10 (ヤングサンデーコミックス)
イキガミ 10 (ヤングサンデーコミックス)


イキガミ 間瀬元朗 全10巻



「国家繁栄維持法」という法律で国民に「生命の価値」を再認識させることで国を豊かにすることを目的とし、その手段として若者たちを対象にしたある通知を出している。

その通知とは通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれる死亡予告証。

1000分の1の確率で選ばれた者は、紙を貰ってから24時間後に死ぬ。


個人的感想

薄い漫画。

そういったレビューが多いですが、僕もそこには同感です(同人誌的な意味ではない)


絵も上手で、話も1つ1つが完結していくので読みやすいです。

伏線も随所に張ってあり、主人公である藤本の環境にも影響していきます。


しかし、なんというか後を引かないんです。


マンガの読み方は人それぞれだと思います。

1度読んだら読み返さない人には向いていると思いますが、読み返す派の人には物足りないのではないかと。


後者の人はオチが分かっていても再び読みたくなる作品があるはずです。

好きなキャラや見たくなるシーンが。


映画化や表紙のサブタイトル、「魂揺さぶる究極人間ドラマ」このあたりがこの作品のハードルを上げている気もしますね。




好きなシーン

10巻

国家繁栄維持法 という法律と、どこか変わった世界観が「バトルロワイアルに似ているなぁ」と感じてはいたのですが、やはりそうでした。

ここは日本ではありませんでした。 


僕はこの作品を読んでいて一番感じたのが、「作者がどういう気持ちで書いているのか」です。

なんか熱を感じませんでした。


そんな作者の熱、最後の最後で少し感じた気がします。


一般的な評価は低いラストですが、僕はあれでよかったと思います。

なんかラストまでバトルロワイヤルっぽくはありましたが。


久保先生が救われてなによりです。


1巻では退廃思想者には例のナノカプセルが注入されるとあったので。



このイキガミの世界における世界観、僕達から見れば明らかに異質なワケですが、僕らの暮らす世界はどうでしょうか。



もしも宇宙に同じような暮らしをする世界があったとしたら幸せと言えるのでしょうか。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

イオ

イオ 1 (ヤングマガジンコミックス)
イオ 1 (ヤングマガジンコミックス)

イオ 恋緒みなと 全10巻



著者からの内容紹介

オレ、仲原太洋。

青い海と水着のお姉様を求めて沖縄に来たものの、何この寒さ!やっぱり沖縄でも2月は寒いのネ……ってなんでこの季節に修学旅行をやるんだ!!

おまけに、カワイイ女のコに声をかければ、母親のカタキ呼ばわり。

いったいどうなってんの!?本格ダイビング&美女・美少女いっぱい、冒険いっぱいのワクワク・ストーリー、開幕だぜ!



個人的感想

上に記載したのは著者からの紹介まんまなんですがどうでしょうか?



エ○ゲみたいじゃないですか?




宮良3姉妹は当然ながら他にもたくさんの女性陣が登場します。


ダイビングという珍しい題材の漫画で、ペルーやハワイを舞台にした話もありますが実際にはあまり冒険はしていません。

実はダイビングもあまりしていません。


タカクナイはします。


そして宮良三姉妹の太陽への好感度は初期からほぼMAX。

その他にも主人公に慕う女性もいたりします。



中でも三女の澪にはかなり好かれている模様。





このマンガの作者、恋緒みなと先生はスターオーシャン セカンドストーリーの原画を担当しているのですが、作画に関しては文句ありません、とても上手です。


コマ振りも上手で読み易いです。


しかしながら内容は中途半端で訳がわからないです。


僕の読解力が低いのかもしれませんが。


この手の専門性の高い作品で原作担当が居ないのも一因かもしれません。

少なくともダイビングの良さを感じることは無いでしょう。



登場人物は良いだけに非常に惜しいです、うまく話をまとめればアニメ化もあった筈。


むしろ女の子を前面に押し出しすぎなんですよね、少し時代を先取りしすぎたか。


好きなシーン

ペルー編


全体的に平坦な展開が多い中で動きがある話です。

ラーゴ亡き後のマールは少し嫌な気分にさせられますが。


ここは澪との話をもう少し入れるべきだったと思うのです。


ここで新キャラ、マールを出してしまってはそれまでの澪とのやり取りが無意味。

澪と太陽とのラストを事前に決めていたのならば尚更です。


それでいて帰国後は澪が急接近、少し描写はあるものの何か腑に落ちない感じが。



古からの言い伝えにある通り、三姉妹を題材にした作品は次女がヒロインになる。

キャッツアイ、ああ女神さま、ヴァルキリープロファイル。


例に漏れずこの作品のヒロインは次女です。



それが既に間違い。



ヒロインは澪にするべきでした。

120829_001619.jpg

120829_001640.jpg

恐ろしいことにこれが裏表紙、レジが女店員ならば変態扱い。




太陽と澪の関係自体が伏線だったりするのでこういったラストにするのは仕方ないとは思いますが。


やはり突出した部分が無い印象は否めません、実に惜しい。



酷評な感じになってしましましたが登場人物、中でも澪はとても良いキャラで可愛いです。

作画の好きな方は読んでみても損はしないと思います、僕は好きな作品です。



恋緒みなと


どういった人物なのか気になる人は画像検索してみてください




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。




テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

あずみ

あずみ (1) (ビッグコミックス)
あずみ (1) (ビッグコミックス)

あずみ 小山ゆう 全48巻

江戸幕府初期、太平の世を作り上げるため、内乱の芽を摘む暗殺集団の一人として「爺(小幡月斎)」に育てられた少女「あずみ」の戦いと苦悩を描く。

戦国から太平の世へと移りゆく中で必要とされなくなった武人たちの不満にスポットが当てられており、過渡期ゆえの社会不安が物語のベースとなっている。


個人的感想

ちと、長すぎですね。

歴史好きの僕ですらそう感じました。


初期から伊達政宗あたりまでは楽しく感じましたが、それ以降は過去に近い展開も多くストレスを感じながら単行本を購入していました。

「おーい竜馬」がかなり好きなのですが、あの作品のように歴史的背景がもう少し絡むとよかったなと思います。

人が本当にたくさん死ぬ姿を見続けるのはちょっとちょっとですね。


あずみ自体は魅力的なキャラだと思いますが。



好きなシーン

うきはの最期。


笑顔で死にゆく彼が印象的でした。

滅多に笑わない彼のはにかんだ笑顔。


きくの最後もかなり印象的でした。

「どれほど殴られたのだ!?」

あずみのセリフからも無残さが見て取れました。

あのシーンはトラウマシーンですね




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。

テーマ : 漫画の感想    ジャンル : 本・雑誌

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。