スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いぬやしき 

いぬやしき(1) (イブニングKC)


ではすみやかに表面的にだけでも復元しろ


試し読みが単行本発売前から話題になっていたいぬやしき。

書店、コンビニでもよく見かけ、ポップなんかがある店もありました。

GANTZ終了1発目の奥浩哉作品、結構イブニングも力を入れている気がします。


試し読みの第1話を読む限り日常パートが殆どでしたがやはりそこは奥浩哉。

大変に斜め上です。


簡素にネタバレします。








ガンの告知を受けた犬屋敷、悲嘆にくれて愛犬の花子を連れて夜の公園に。

突然謎の光に包まれ、気づくと朝。


違和感を感じつつも生活していると体に異変。

病院で検査するも不明、測定器具はエラー。

部屋で自分の体を眺めていると異変、体から湯気「なんてこった」

突如「ガシャ」っと変形する腕、さらに「プシュー」と開く頭「ああ…なんてこった」

その後、散歩で訪れた公園でホームレスが若者に襲われる場面に遭遇。

が、若者に叩きのめされる犬屋敷。

倒れた犬屋敷の後頭部に現れたカメラ。

若者達の襲撃の様子をYouTube、Twitter、2ちゃんねるでアップし炎上させる

ホームレス襲撃動画はテレビでも放映され、「スクールキラー」完全終了のお知らせ。

助けたホームレスに感謝された犬屋敷は誓う

「一人でも多くの人の命を救っていくんだ……」






こんな感じです。

機械化した人間はもう一人居て、その彼が善人なのか悪人なのかは不明、予告を見る限りは善人ではなさそうです。

犬屋敷達を改造した者達が今後の展開を大きく左右しそうですが、今後はSF的な展開になるのでしょうか。

GANTZはいぬやしき作中で「クソマンガ」として登場したりしてるのですが、そちらとの接点があったりしても良い気もします。

現段階では面白いと太鼓判を押すことは出来ないですが、相変わらずの画力でワクワクさせてくれる作品だと思います。

2巻の発売日は10月末、休載等が無ければ半年1冊ペース。

うん、また楽しみな作品が増えて嬉しい限りです。


GANTZ大好きな安藤くん、最期のコマで本当にいい笑顔でした。


無題vr

部屋にはこのポスターがありましたね。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
テーマ : ゲーム    ジャンル : ゲーム

め〜てるの気持ち

め〜てるの気持ち 3 (ヤングジャンプコミックス)


め〜てるの気持ち  奥浩哉  全3巻




「あんたに彼女ができたら…、部屋から出てやるよ」




小泉 慎太郎 30歳 引きこもり歴15年

他界した父親の交際相手、吉永 はるか(24)との生活。

はるかは慎太郎を社会復帰させるために奮起。



個人的感想

ある意味予想通り、ある意味斜め上。

「GANTZ」が有名な奥先生。


年下の義母、ひとつ屋根の下。


それはもうエロゲ的展開満載





では無いのです、いや少しだけ。


「女として見る慎太郎と息子として見るはるか」


こういった世界観を表したいのは伝わるのですが、如何せんちぐはぐとした箇所が多い。


そもそも実の母親とチューしたりはしないもんです。


定石通りの展開から斜め上に行き、最終的には投げっぱなし。


ラストもあっさりな感じでした。


「俺、こういう話も書けちゃうんだぜ~」



うん…。


こんな感想です。

読み易いですけどね。


好きなシーン

130910_230458.jpg



計ちゃんを思わせるイケメン、慎太郎ことシンちゃん。

長くむさくるしい髪を切ったらイケメンだった。

この容姿ならわりと人生イージーな気がするが。



はるかさんに好かれるべく髪を







親父と同じに…


切る



130910_230525.jpg


かなりウケました。


このネタがやりたいが為にガンツと並行連載したのだとしたら奥先生を崇めなければなるまい。


そしてタイトルの「めーてる」

語られていなかったですがやはり「銀河鉄道999」なのでしょうか。

パロディ好きな奥先生ならメーテルが濃厚な気もしますが。


銀河鉄道999 PERFECT BOOK (宝島社文庫)
銀河鉄道999 PERFECT BOOK (宝島社文庫)







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

GANTZ  ガンツ 37巻

GANTZ 37 (ヤングジャンプコミックス)


こンなとこで……死に…たかッた……

もう…悔いは…ね…




最終巻、最終回。

その幕に数多くの酷評飛び交うガンツ。



アメリカチームが破れ、玄野とイヴァの一騎打ち。



ネットのあらすじを参照すると



“黒野が巨人の頭に特攻

頭ぶち抜かれて巨人死亡

ガンツUFOで爆発する宇宙船から脱出

地球に帰還

「ありがとおおおお」「黒野ありがとおおおおお」 加藤は弟と、黒野はたえちゃんと抱き合っておしまい





とまあ、こんな感じです。


個人的にはハードルが下がっていた事もあり、言うほどにがっかりしたという感想は無いです。


むしろ日本チーム対イヴァの戦いは胸が熱く、特に前嶋さんは最高でした。


20巻で和泉君の言っていた


「日本人の優秀さを、トップであることを見せたい」


これも証明されたと思います。


GANTZ 32 (ヤングジャンプコミックス)

結果的に死んだ者たちは全員再生された様ですが

関根さん…。









なればこそ…



無題fcrfc

風 大左衛門


君にはガッカリだ…


好きなキャラの一人でしたが仲間が戦う中でメアリーと帰ったのはマズイだろ…。


タケシを大切に思う気持ちもわかりますがその後に命を賭して戦った仲間に合わす顔は無いと思います。

あれだけ臆病で弱いメガネ君、おっさん。

彼らは最期まで諦めなかった。


風の背に、タケシは何を想うのか。




サクっと終わったガンツ13年の集大成。


確かにあっけないです。


「もっと読みたかった」「もっと納得出来る大団円」


こんな風にも思います。


コミックスに加筆を期待しましたが「ザンボット3」についてのあとがきがあるだけ。

付属のポスターはヤンジャンの使い回し。



これでは酷評も致し方ないと思うのが本音です。



でもそれは裏を返せばこの作品がそれだけ支持をされている証拠だとも思います。

僕はガンツを13年間楽しく読めました。



連載、お疲れさまでした奥先生。


GANTZ plus


そんな続編がいつか連載される事を願っております。


8b2b4a09-s.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

GANTZ ガンツ

GANTZ 1~最新巻(ヤングジャンプコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]


GANTZ 奥浩哉 全37巻



結局俺が、100ゲットか…





死んだはずの人々が集められていた部屋。

その部屋の中央にある謎の大きな黒い球。

「ガンツ」と呼ばれる球に、星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと転送されていく。

謎の物体「ガンツ」に集められた死んだはずの人々は理由もわからないまま、その素質の有無に関わらず、謎の星人と戦わなくてはいけない。


集められた者たちは「ガンツ」の世界に触れていく。



個人的感想

13年の連載、2013年8月19日の37巻で完結。

この作品は間違いなく名作。



僕は本来マンガにあまり画力は求めないタイプです。

内容あってのものだと思うので。




でもやはり画力は大切


それを痛感しました。



GANTZ 36 (ヤングジャンプコミックス)

全国から集結した精鋭チーム、マジ格好良い。



キャラクター作りも非常に上手く、画力と相まってとても感情移入させられます。

これだけの数のキャラが登場していながら描き分けがきっちり出来ているのはやはり絵の上手さ。

感情の表現も画力が無かったら陳腐なものになるでしょう。

バトルの描写も迫力が有り、CGの使い方も斬新。

エログロ描ける人はバイオレンスも上手いというマンガの法則。




主要キャラ(東京チーム)に関しては玄野計とその仲間達というよりはたくさんの主人公の中の一人が玄野、という感覚。

加藤勝、風大左衛門、桜井弘斗、西丈一郎、下平玲花も十分に主人公を張れるキャラであると思うのです。



長い連載でありながら途中ダレた展開は少なく、明かされる謎と矢継ぎに訪れる急展開。


未読の方に是非オススメしたい作品です。




好きなシーン

カタストロフィ


これ以前の話、ゲーム形式の様な形で繰り広げられる戦いですらあれだけ衝撃的だったのに。

それを凌駕する内容です。


「悲劇的結末」


玄野とタエちゃんに気が気ではないです。


ここでの圭ちゃんがまぁ英雄過ぎる。

折れないその心もですがべらぼーに強い。




侵略される地球、未知の生物。

どうなるかが全く分からないものというのは恐しいモンです。

何をモデルにこのような設定を思いつくのか…、凄い人だ奥浩哉。


戦局が変わる毎に上記で挙げた「東京チーム」面々の物語も結末を迎えます。


僕は坂田師匠が好きなので桜井弘斗の戦いにはグっとくるものがありました。


「俺が死んでも生き返らせないで欲しいね」

師匠が大阪で言ったセリフ。


死んだ桜井を迷いなく再生し、ぬらりひょんに襲撃された際にはその身と引き換えに仲間を逃した彼。

桜井に対してだけでなく、坂田師匠は誰よりも仲間想いだったのかもしれません。


自分を生き返らせるよりも仲間が一人でも多く自由になる事を望んで。

GANTZ 16 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

師匠…

イナバ居ねえ…






玄野とイヴァ グーンドの決闘。

13年間の幕引きが今から楽しみです。


最終回の評価があまり良くないのが気がかりですが…

きっと加筆がある…!




「オレは諦めない!」



にしても36巻でのアメリカチームの頼もしさは異常





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。