スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLAYMORE クレイモア 26巻

CLAYMORE 26 (ジャンプコミックス)


お前はひとつ… 大きな間違いをしている



あの時のラファエラの言葉

覚醒するのは私では無い…?





26巻、発売しました。

久々に、実に久々の震える展開。

クレイモアを愛読してきた人たちが待ち望んだ展開がここに。



ネタバレします







圧倒的なプリシラ、七年間の修行など全く無意味と思い知らされる強さ。

クレアの高速剣、ミリアの幻影。

組織が作りし過去最強剣士。

上位ナンバーの覚醒者達。


その全てが無意味。


イースレイから託された一撃、プリシラを貫くラキ。

プリシラを撃つクレア。

覚醒者を吸収し、ダメージを回復するプリシラ。

タバサがやられ、妖気がほぼ残っていないクレア。

ラファエラの言葉を思い出すクレア。



140606_000213.jpg



覚醒するのは

私の中の

もう一人





クレアの中のもう一人

第77期、歴代最強と謳われたナンバー1。




CLAYMORE 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

微笑のテレサ



テレサとプリシラ、再び対峙





テレサ、ここできました。

クレイモアでは圧倒的な人気を持つ微笑のテレサ。

僕もクレイモアで一番好きなのはやはりテレサです。

でも実際にテレサの話が描かれているのは3,4,5巻だけ。

3,5巻では半分は現行戦士の話なので実際には2巻とちょっと。

それでもこれだけの支持率。

テレサなくしてはクレイモアは語れぬということでしょう。



テレサを小さな体で抱きしめたクレア。

大きくなったラキに抱きしめられたクレア。

そして仲間と共に生きたいと願った。

大きな力を失い、魂ごと奮い立たせる力を得たクレア。


クレアとテレサ

美しく清らかで

愛に満ちあふれた双子の女神



クレアの心の中に渦巻く炎、それは愛だったのかもしれません。



一定の人気は保っていたものの、テレサ~北の戦乱までと比べるとここ最近のクレイモアは正直物足りなかった様に思えます。

ここから先はそれらの話を超えていく展開を期待せずにはいられません。

また半年…、27巻は年の瀬、12月ですね。


余談ですが

僕が好きなクレイモアのキャラは

1、テレサ
2、イレーネ
3、ジーン
4、アナスタシア
5、シンシア


です。

うっかり者のイレーネさんの生死も気になるところです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE クレイモア 25巻

CLAYMORE 25 (ジャンプコミックス)
CLAYMORE 25 (ジャンプコミックス)


組織最後の一桁ナンバーだ

深淵の足止めくらいはしてみせるさ




最新刊25巻

表紙を飾ったのはクラリス、ガラテア。


裏表紙もクラリス。

これまでの裏表紙とは少し違う雰囲気になっています。

25巻を読み終えた後に読むと感慨深いものがありますね。



ここに来て戦況が乱戦に

こんがらがってきたので整理します。




ネタバレしながら状況を


プリシラ 対 リフル(深淵超え)

観戦&解説 ルブル ダーエ


プリシラの過去を語る博識なダーエと興味津々に話を聞くルブル。

息の合った解説コンビ。

そのくせダーエを疫病神扱いするルブル、自業自得。




カサンドラ 対 ミリアーズ(旧戦士、クレア達)&最後の覚醒者達(沛艾のオクタビア、怠惰のエウロパ、クロノス 他)


プリシラの呪縛から解放されたカサンドラに悪戦苦闘。

オクタビアはなんか死なない気がする。



怠惰のエウロパ 対 ラボナ(ガラテア、現行戦士 クラリス、ミアータ、アナスタシア、ディートリヒ 他)

残された覚醒者の中で最も深淵に近いエウロパ、空腹の為聖都ラボナに。


ガラテア指揮のもと迎え討つ。

ディートリヒを飲みに誘うガラテア。

後輩はなんだかんだで可愛がる彼女。




こんな感じです。

3箇所で戦いつつ、クレイモアの生態が更に明らかに。


ここまで来たら一気に行って欲しい雰囲気の中、後付け感は否めません。



エウロパの襲撃を迎え討つ現行戦士、その中にはみんな大好きNO 5レイチェル。

若干表情が丸くなり、ギャグキャラとしての位置も確立。


「地面に剣を走らせ、それを負荷にする事で地面から出た瞬間通常では有り得ない力とスピードの斬撃を産み出す」

この技で応戦するのですが如何せん威力は伝わらず、その姿はさながら地面を掘り起こすガテンな兄ちゃん。

妖気が読めないことに続きバランス感覚が無い事も判明。


そんな彼女が「おっぱいおっぱい」を連呼するのも見所の一つかもしれません。


ウンディーネが存命であったのならばいいコンビになったでしょう。






そしてクラリスとミアータ。

現行戦士はほぼサポート。


実質的にはこの2人+ガラテアが怠惰のエウロパに挑みます。


14巻、62話「楽園の血族」

伏線を回収。


アリシアとベスの戦いを見たガラテア。

「精神の共有…か…」

「そのへんの理解はお前が一番早いはずだ」


妖気の同調とおおまかに同じ仕組み。

ルブルがペラペラと喋った結果と言えるでしょう。



思えば北の戦乱後、話を繋いだのはクラリス。


常にあたふたとたその姿にユマは優越感に浸っていたに違いない。


表紙の堂々とした表情からも伝わりますが、ここでの最大の功労者はクラリス。

ある意味ではベスを超えたとも言えるでしょう。


裏表紙の絵は過去最高かもしれないです。



最後では5巻からの伏線、クレアがプリシラに生かされた事実が明らかに。


そのプリシラの元に向かうラキ。

プリシラの好みの血肉は「若い男」…





でも、なんかこの流れで新シリーズが始まるとプリシラが仲間になりそうな気配が…。

それはそれで消化不良っすね。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村









テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE クレイモア 24巻

CLAYMORE 24 (ジャンプコミックス)






7年にしてようやく

あの時のイレーネの高速剣に並んだか…







今回は早い発売だなぁ…、と感心していたらいつも通り半年が経過。

歳を取ると時が経つのが早いです。




以下はネタバレです









再会を果たしたクレアとラキ、そのラキへ問う二人の男性。


最期の男の戦士 クロノス(元No4)、ラーズ(元No6)

そのクロノスにプリシラを倒すための可能性を説くミリア。


ミリア達の力によっては参戦をしてもいい、そう言い立ち去るクロノス。



プリシラへ導かれる様にこの地へやってくる元No1の戦士、「塵食いのカサンドラ」

深淵越えプリシラに吸収される深淵、カサンドラ


最悪の事態を逃れる為の共同戦線。





ラボナにたどり着いたカサンドラ。

プリシラに吸収を阻止する為、カサンドラを目覚めさせる為に攻撃を開始するミリア達。


苦戦するミリア達、静観するクロノスとラーズ。



そして別所のプリシラへと攻撃を開始する西の深遠に似た「何か」


リフルとダフの攻撃法を使う深淵を超えた「何か」




一方、ミリア達の元へ新たなる覚醒者が集う。


「だらしないわねえ」

「この際潰してでもいからその子を止めるわよ」


元No2の戦士、「沛艾のオクタビア」


オクタビアと共に現れた覚醒者6名。



カサンドラ対ミリア勢とオクタビア勢


プリシラ対西の深淵に似た何か


その両方の戦いを静観する最期の男戦士



冥府の軍勢、総力戦の開戦。








ここに来て、またもや登場人物が増加。


過去に名前のみ出ていたキャラ達もちらほらと。


中でもクロノスとオクタビア。

ワイルド系イケメンと編み込みヘアーがよく似合うこの両名。


実に良いキャラです。


オクタビアなどは覚醒者になっても上半身は通常体。


(これは、もしや…っ!!)


カバーをめくると…






オクタビア




やりおる、八木先生。



バトル漫画には欠かせない「解説役」

この24巻では出突っ張りで名解説を披露したクロノス。


「タイミングさえあえば、お前はこの場にいる誰よりも奴に対して強力な刃になるかもな」


ラキに対しての言葉ですがこのセリフはキーワードになりそうです。


そして初代解説役、解説歴10年の黒眼鏡ルブル。


次巻では「半覚醒」の謎が彼の口から語られそうです。



25巻は12月でしょうか、クリスマスまで待ちたいと思います。





くひ、くひ、くひ






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。



テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE クレイモア

CLAYMORE 1 (ジャンプコミックス)

CLAYMORE クレイモア 八木教広 連載中


人間を捕食する魔物「妖魔」と、妖魔を倒すために生み出された戦士「クレイモア」


主人公クレアを中心に、半人半妖の身であるが故の過酷な宿命を背負いながらも己の信念や目的のために戦い続ける戦士達の姿を描いた物語。




個人的感想

1、2巻では現在のクレア、3,4巻で過去のクレアとテレサについて描かれます。


この微笑のテレサ、登場回数は少ないものの未だに圧倒的支持を得ているキャラです。

事実、僕もテレサが一番好きです。






このテレサを討伐隊の一人、「高速剣のイレーネ」彼女のエピソードも実に面白いです。








物語の描写、進行が綿密で展開に驚かされる事も多いです。

これだけクレイモアという戦士が存在している中それぞれのキャラクターの描き分けをしているのはすごいと思います。






「微笑のテレサ」

「幻影のミリア」

「風斬りのフローラ」

「塵喰いのカサンドラ」

「愛憎のロクサーヌ」


そして二つ名が実に格好良いです。





ファンタジーが好きな方、ベルセルク等が好きな人はスッと入れると思います。





好きなシーン

クレア過去編 ここからが本当に面白い。



この過去編を経て、物語は動き出していきます。


圧倒的な強さを持ったテレサの心を動かした感情。



クレアがテレサから受け継いだ想い。






様々な想いの交差する北の戦乱とその前後もとても良いです。

この「北の戦乱」で物語は一区切りといった感じです。


「銀眼の獅子王」リガルドは半端ないです。





単行本カバーを外すと毎巻書き下ろし美麗イラストが描かれています。

表面は登場キャラ、裏はオリジナルキャラになっています。

単行本を持っていて見ていない人は確認してみて下さい。





→CLAYMORE 22巻








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。


テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE 23巻

CLAYMORE 23 (ジャンプコミックス)
CLAYMORE 23 (ジャンプコミックス)





僕は毎巻カバー裏表紙の絵から見るのですが、今回はクレア。

若干の違和感を感じつつも

(随分普通だな....)

という印象でした。



そうです、僕は馬鹿です。






ここからはネタバレ全開だ、覚悟のある奴だけ見てくれ....







やはりクレイモアは面白い


23巻は様々な伏線をほぼ全て回収します、驚きと感動シーン満載。


組織の謎、そして壊滅。


ミリアは組織の全容を胸に秘め、長リムトの首を仲間達に掲げる。

全戦士の反乱、組織の長い歴史の終幕。


7人で組織を潰すというミリアの夢物語の成就。



もう1つ残ったのもう1人の仲間の願い。


「奇跡は願うものではなく自分たちの力で引きずり寄せるもの...とな」


隊長、ミリアの言葉。




7人は聖都ラボナ、クレアの元へ。


ラキは命を賭してクレアに話しかける。


7年の想いを伝えるラキ、それに呼応するように引き戻されるクレア。

ヘレンの予感の通り「未処理」の体のクレア。


「クレアを、その場で力いっぱい抱きしめてやって欲しい」

7人の中で最も冷静な仲間の想い。



「ずっと会いたかったよ、クレア...」

処理済みのその体を強く強く抱きしめる。


「大きくなったな...ラキ....」

涙を浮かべるクレア。





7人の仲間、かつての装備に身を包み剣を重ねる。


「みんな、必ず生きてまた笑おう」









さあ行こう

組織の戦士として

やり残した最後の仕事だ




これはもうクライマックスですね、2002年から10年間続いたクレイモアが終わってしまう...。

長い時間をかけてしっかりと描いてきたこの物語、様々なシーンの重み、深みが伝わりますね。


半年に一巻というスローペースにやきもきしていましたが10年って本当に早いんだと実感しました。





上記画像のシーンは7人全員あるのですが、こういったシーンが本当に本当に「絵」になります。

演出としてはありきたりなこういった演出もこの作品が名作であればこそ映えるのだと。


実年齢でミリアの次に年長なのは「ユマ」なんですね。

なんか頷ける感じです。




ラキの元に来た覚醒者達も気になりますね、イースレイ絡みなのは間違いないとは思いますが。



プリシラを倒した後は龍の末裔編に突入、ナシでしょうか...?




CLAYMORE クレイモア 24巻 マンガのある生活





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。







テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。