スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火線上のハテルマ



火線上のハテルマ  せきやてつじ   3巻 以下続刊


死者8名、吉祥寺通り魔事件。

事件当初、現場に居合わせた警察官はなす術無く通り魔に刺される。

警察一家に生まれた主人公、梶恭司。

彼は事件を止められなかった事を悔い、警察官を退職。

恭司は厄介払いされる形で叔父の住むロサンゼルスへ。

そこで出会った一人の男、波照間猛。

無差別事件を止めれなかった警察官が新たな道を進む。


バンビ~ノが有名なせきやてつじ先生の作品。

内容はバンビ~ノで描かれたコヨーテ編の様な感じです。


ボディガードチーム、エンパイアスクワッド。

「帝国の部隊」を意味する凄腕集団。

主人公の梶はチームに、波照間猛に魅せられ、エンパイアスクワッドに入りを懇願。

未熟ながら、というか全くのド素人が元スペツナズ、元デルタフォースと肩を並べるとか…、。

それでも梶は吉祥寺事件の痛みをエンパシー、「共感能力」としてなんとなく認められ、現在では紛争のシリアへ。


140813_231207.jpg
鬼女に晒された痛い過去 


正直目の付け所はシャープだと思います、設定も。

こういった作品は「リアル路線」、「トンデモ路線」のどちらかにしないといけない気がします。

そこを中途半端にすると途端にチープになるからです。

主人公の能力が「共感能力」、これ如何に。

「リアル路線」を目指しているのは伝わるのですが地味すぎる。

梶の尊敬するもう一人の主人公、ハテルマ。


140813_230259.jpg
メインの武器はトンファー…。



地味だ

なんか松葉杖にさえ見える。

あえて殺傷力の低いこの武器をチョイスしてるのでしょうがそれでもちょっと…。


鎖鎌の様なインパクトも無く、丸太の様な実用性もない。

feffdf4.jpg



そもそもこのハテルマ


140813_125413.jpg

羽山 しゃんじゃなかとですかっ!



140813_124924.jpg

あ!桑原 しゃんも!


140813_125444.jpg

宍戸シェフは元気ですか、美幸しゃん。



画力はあるのに描き分けが出来ていない稀有な例。

この辺りを含め突き抜けた作品では無いです、今のところ。

なんかこう「ボンヤリした味」ですったい。


過酷な現場でありながら全員存命、メインキャラをあっさり殺してしまう様な事も特に無いです。

個人的には戦闘狂を後付でも良いので出して欲しい次第。


所々、現在のシリア編もそうなんですが現状を説明文では無く、展開の中で、絵で伝えて欲しいです。

やたらと横文字、造語みたいなが多いのもテンポが悪い。


まだ3巻、設定を上手く生かした今後の展開に期待したいところです。



「世界を駆け巡る大いなる冒険譚」

この作品のamazonの商品ページこういった説明があったことに激しい違和感。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

バンビ~ノ!SECONDO 13

2005年から8年続いたバンビーノ。

調理師をしている僕の愛読書でした。


書店でこの表紙を見た時は少し寂しい感じでした。





その最終巻


「最高!いいラスト!!」



とは書けませんね...


なんだかモヤッとするラストです。




ネタバレ全開なので未読の方はスルー推奨です。




シェフとして店を、仲間を、バンビ一世一代の料理対決。

これまでにもよくあった展開ですが、今回は以前とは背負うものが違います。


渾身のパスタ対決。


一度は引き分け、勝負は延長戦。


相手も一流料理人、最後を締めくくる戦いは...





あすかしゃん人質...囚われる。




あぁ、もう何回目だろう...


マフィア料理対決

土屋料理対決

船上料理対決←new


序盤の展開から


ラストはガチの料理対決を楽しみに読んでいましたが、残念...。



仲間との繋がり(レガーレ)であすかさんは無事救出され、料理対決は勝利にて閉幕。



何故かよくわからないが改心したパクの証言で黒幕のキムは逮捕。


これじゃ応援に来たみんなも浮かばれねぇ...







勝利したバンビと抱き合うあすか








その後、バンビはイタリアへ。


香取、与那嶺の出番ちょろっとでした。






二年後ーーー


マサシ、こずえの結婚式。


号泣するマサシ。

司会のヨナさん。

バンビの師匠、進さん。


「鮭は必ず生まれた所に帰ってくるモンたい」



店の外での写真撮影




バッカナーレに...





バンビ~ノ!SECONDO 13 (ビッグ コミックス)

「ただいま」






せきや先生、8年間お疲れさまでした。

次回作、楽しみにしてます。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

バンビ~ノ!

バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)
バンビ~ノ! (1) (ビッグコミックス)

バンビ~ノ! せきや てつじ 全15巻


手の皮が厚くなるまで待っとったらジジイになる



福岡在住の大学生・伴省吾、地元でのアルバイト先の紹介で東京の一流店、トラットリアバッカナーレにヘルプとしておもむく。
鼻っつらの強い彼は自身を持って仕事に取り組むが、ヘルプとしての仕事は彼の想像を絶するものであった。

一流料理人になるべく伴は日々成長していく。



個人的感想

最初読んだ感想は「ブラックジャックによろしく」に似ている という感じでした。

どちらも職業を題材にしているのは当然ですが、初期は絵のタッチやコマなんかも近いです。

実のところ僕自身がこの漫画の題材である「料理人」なので、1,2巻のバンビが香取にやり込められているシーンは数々のトラウマを呼び起こさせてくれます。

この漫画を読んだ調理師の皆さん、どうでしょうか?


話自体は面白く、熱いシーンも多いです。


初期ではサービスやドルチェ(デザート)などもしていて、海外研修に行ったりもします。

うまそうな料理も多いので、深夜に読むのは危険かもしれません。

そして夢のある男女がベッドで裸で語り合う洋画の様なシーンも多い気がします。






羽山さんはとても好きです、あんな先輩の下で働きたかった...

現場には香取タイプの方が多い気がします。





巻末に取材協力店が記載されているのですが、そこのシェフが出版しているレシピ本に作中で登場する料理に近いものがあったりします。




好きなシーン

ギャングの料理対決。

コヨーテやシンジが良いのもありますが、僕が経験していない事なのでトラウマが発動しないのも大きな要因であると推測されます。




最後に私事ですが、僕がまだ駆け出しの頃にぶっ続け作業が15時間くらい続きました。



「もうダメだ...倒れて楽になろう...」


そう考えていた矢先に同僚が倒れました、するとシェフが猛ダッシュで彼の元に駆け寄る。


「....畜生、先に倒れときゃ良かった」


そう考えていた矢先、シェフは想定外の行動に。



タッ、タッ、タッ、タッ... 「ドフッ!!」



ダッシュからのスピードを生かし猛烈なトウキックを倒れた奴の腹に。



「ここは戦場だー!!立てーーー!!根性無しがーーーー!!!!」



チビりそうになる僕と、さも当然と静観する先輩方。

更に蹴りは強くなりフラフラと立ち上がる同僚、その後、彼は仕事をやりきり車で死んだように寝ていました。




そんな彼も今では蹴る側の人間に....。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。


テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。