スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シマシマ

シマシマ(1) (モーニングKC)
シマシマ(1) (モーニングKC)



シマシマ 山崎紗也夏 全12巻

アロマエステ「グリーン」のオーナー・箒木汐(ほうきぎしお)

彼女にはもう1つの顔がある。

それは、眠れない女性達に (添い寝)相手の男を派遣する<添い寝屋>「ストライプ・シープ」の店長。


物語はシオとストライプ・シープの日常を描きつつ、次第に彼らの人間関係に。




個人的感想

中盤くらいまでは面白いんですが終盤からはワケのわからない展開と真の欝エンド。


最後まで購入してとても嫌な気分になりました。



以降は大いにネタバレです





作品の着眼点は面白く、絵柄も悪くない。

ランちゃんは男の僕から見ても十分に魅力的です。


でも悪い点が目立ちます。



伏線を貼りつつも回収しないまま。

ガイは一体何がしたかったのか、シープでの経験は何に生かされたのか。

その兄を何の為に登場させたのか。

ランちゃんと別れたのはいつか。

リンダは何故空気になったのか。



非常にダラついた展開が多く、イケメンハウス超意味不明。





シオさんは何故セクハラ社長をパートナーに選んだのか



シオさんにその選択をさせるのであればその過程を書き上げてくれないと納得できません。


お金があれば悩みがなくなり安眠できます、ということなのでしょうか...



やはりマンガ読んだ後はいい気分になりたいですよね。





好きなシーン

「よこせよ、お前じゃ無理だよ」


落ち込んだシオさんの元に行こうとガイから鍵を奪おうとするランちゃん



実に格好良い。


一度でいいからこんなセリフを言ってみたい...



由実ちゃんという補助輪付きでしか宣戦布告が出来なかったガイと正反対の男らしさ。


やはりランちゃんは格好良い。


と、いうよりもランちゃん以外の男はどうなんでしょうね。



山崎先生がもしもリメイクに挑戦するのならこの作品を希望します。


主人公は有名オーナーシェフになったランちゃんで。








シマシマ [DVD]


スポンサーサイト
テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

フローズン

フローズン 1 (ヤングマガジンコミックス)
フローズン 1 (ヤングマガジンコミックス)

フローズン 山崎さやか 全6巻



アメリカ・マイアミ出身の相ヶ瀬桃花は、両親の離婚問題から日本で高校生活を送る事になる

物事をはっきりさせないと気が済まない性格の桃花は、曖昧な日本人の態度に最初は馴染めずに苦労する。

徐々に日本にも慣れ、その行動力で様々な問題を解決し自身も成長していく。


美少女斬泣伝説 開幕


個人的感想

桃香という人物、現在山崎先生は多くの作品を描いていますがその中でもトップクラスの存在感です。

序盤でのキレっぷりは半端なくキチガイクラスです。

それをうまく読ませるキャラの個性、そして画力あってのものだと思います。


山崎作品の初期~中期作であるこの作品、シマシマやレンアイ漫画家が好きな方は是非読んでみてください。


行け!!稲中卓球部 の最終巻では沖さやかという名前でアシスタントをしていた時代のイラストが見れます。



好きなシーン

レオ編

レオの豹変っぷりが物凄く、欝展開なこの話ですがなぜかたまに読みたくなります。

山崎先生は作品全体を通してそうですが、平手で叩いたりのいわゆる「暴力シーン」の描写が上手です。

ここでも桃香に対しての行為は戦慄します(良美に対してもですが....)


努力家で独善的な彼が最後は桃香に対して見せた態度、二人は「家族」だと思います。



理沙子さんのところももう少し読みたかったですね、桃香と共闘したら最強コンビと言えます。

もちろん井上とヨネコも...。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です




テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

NANASE

NANASE(1) (ヤングマガジンコミックス)
NANASE(1) (ヤングマガジンコミックス)


NANASE 山崎さやか 全4巻


筒井康隆の七瀬ふたたびのリメイク作品。

人の心を読む能力を持つ火田七瀬と少年ノリオと黒人青年ヘンリーを中心に話は進む。

さまざなな能力者が存在し、時に協力や敵対していく。



個人的感想

名作小説をフローズンの作者がリメイク、こりゃ面白いはず。


そう思い即座に購入しました。


この頃の山崎先生の絵柄は現在よりも線がしっかりとした迫力のある絵になっています。

画力もフローズンの時よりも上がっている印象です。


原作の量を考えるともう少し長くても良かったかな~という感じはします。


好きなシーン

タイムトラベラー

藤子さん自体も好きなのでここです。

ノリオやヘンリー、そして七瀬とすべての能力者が密接に話を展開させているのもいいですね。


この後藤子さんとは最後を共にする事になります。



闇が、来る  いいえ   光か



もう一度リメイクして欲しい作品です、作品が出た時期が早過ぎでした...

今ならかなり多くの支持を得られると思うのです。


その中でも藤子さんの能力は大きく物語を変えられます。

ここはいっそ大きく物語を変えて...


個人的な願望が強すぎですね。


でも時間軸を題材とした話が現在多いですからね、原作自体それらのどれよりも早い訳で。


「能力者」


この単語はやはり心踊りますね。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。



テーマ : マンガ    ジャンル : 本・雑誌

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぐら

Author:ぐら
おそろしく遅い更新

オレでなきゃ見逃しちゃうね

ブロとも申請フォーム
ゴルゴ13
WEB MANGA
PR
らき☆すた
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。